膣まわりのケアで女性としてずっと輝く

膣まわりのケアで女性としてずっと輝く

先日フランス在住の方からお聞きした話。

フランスの女性は60歳ぐらいからユリの花のような何とも言えない美しさが出てくる感じがあるそうです。年齢を重ねるほどに美しく、知的な色気を持ち合わせ、いくつになってもおしゃれも恋愛も楽しむ女性。

 

こんにちは。セラピストの鈴木美和です。

いつまでも女性として輝く事や、女の色気には、膣をケアするというのがとても大切です。

日本の女性は、美容やアンチエイジングをとても追求しているのに、膣まわりについては無頓着な方が多いです。そして、人に聞けないような雰囲気もあります。

 

今回は、人には聞けないけどとても大切な、膣まわりのケアについてお伝えします。

 

膣周りのケアの現状

私のサロンでは、お客様にデリケートゾーンケアの話をお伝えしていますが、こんな声が多いのです。

 

  • 興味があったけど【どこで】【誰に】聞けば良いのか分からない。
  • 最近目にする、デリケートゾーン専用のソープやクリームがあるのは知っていたけど、どういうものが良くて、どう使うのか分からない。
  • 自分の老後のために【VIO脱毛】したほうがいいって良く耳にはするけど、いまさら恥ずかしくて聞けない。
  • 介護にも影響してくるの?

 

デリケートゾーンケアの重要性

娘を持つ私も、もっと早くからデリケートゾーンケアの大切さを知り、小さいころから伝えたかったなとちょっぴり後悔…。

膣まわりを清潔にし、保湿をすることによって、膣がやわらかくなり粘液力をあげます。これからくる自分の未来の介護のため、アンダーヘアのケアも大切なこと。
骨盤底筋群を鍛え、膣委縮や尿漏れ、子宮脱の予防ももっとしていかなければなりません。

これらのことをきちんと理解し、ケアをしていくことに遅すぎることはありません。知ったその日から実際にケアをし続けることが大切です。

 

ここで植物療法士 森田敦子著「潤うからだ」の内容から、より深く踏み込んでいきます。

 

膣周りってどんな場所?

 

一言で表現するなら「女性にとって一番大切な場所」です。女性なら誰しも、生まれてから死ぬまでずっと、お世話になり続けているところ。

膣が乾燥して硬くなったり、たるんだりすることを防ぐことが大切。

膣まわりは、セックスや妊娠、出産に関わるだけでなく、からだの健康や精神バランスを推し量る大事なバロメーターなのです。

 

粘液力は免疫力!

粘液とは、体内に侵入しようとする細菌やウイルスなどの病原体を、からだのなかに入れないようにブロックしたり、体内に入ってしまった異物を体外に排出する体液のこと。

私たちのからだを最前線で守ってくれる大事な要素です。

粘液が出ないことによって、病原体などの異物をブロックする力が弱くなるため感染症にかかりやすくなるなど様々な問題が生じます。
女性特有の不妊症や更年期障害、うつなどにも粘液の分泌が深く関わっていることが医学的にも証明されています。

 

粘液力が低下したからだはどうなる?

加齢によって膣から潤いや弾力が失われ、血行不良になると膣壁が薄くなり粘液力が低下します。

そうすると、むくみや冷え症に陥りやすく、生理痛がひどくなったり、肌や髪、爪などにハリがなくなり老化は一気に加速!

いつも粘液を分泌できるような、潤っていて弾力がある膣を維持することはどんな高級な美容液よりも効果があり、真のアンチエイジングとなります。

 

いつまでも若々しく、みずみずしい女性でいるためには、体の内側にきちんと向き合うこと。膣まわりの粘膜を乾燥させずに粘液力を高めることが最善。

そしてもちろん、愛する人とのスキンシップやセックスも、老化のスピードを緩めるポイントになります。

 

 

いかがでしょうか。

この文章を読んで、自分には関係ない話でしょうか?

 

そうは思えなくなってきたことでしょう。

 

今までほったらかしにしてきた時間がもったいないくらいですね。

膣まわりのテーマはたくさんあり、健康、美容、生理・閉経、セックス・妊娠・出産、介護…女性の一生に関わってきます。

 

膣まわりのケアをすることで潤いを保つことができ、さらには健康と精神バランスにも影響してきます。

粘液力の低下は免疫力の低下にも繋がります。

 

いくつになっても粘液を分泌できるように、潤いのある膣を保ち続けること。そのためには、顔や身体と同じように毎日のケアがとても大切なのです。

 

膣周りのケア

 

それでは、デリケートゾーンケアの仕方とアンティーム商品についてご紹介していきましょう。

 

【フェミニンウオッシュ】デリケートゾーン用洗浄料

まずは清潔にしていることが大切です。

デリケートゾーン専用の刺激の少ないこのソープが、肌が持っている潤いを保持したまま、気になるムレやニオイの元となる汚れをスッキリと洗い上げます。

洗うときは手でやさしく洗うのが基本で、膣まわりから肛門まできちんと洗い、拭く際にもタオルゴシゴシ拭かず優しく押さえるように拭き取りましょう。

 

きれいに洗った後はすぐ保湿をしましょう。膣まわりは乾燥しやすい場所なので、お肌のケアよりも真っ先にすることが肝心です。

お風呂から上がってバスタオルで身体を拭く前にローションやクリームを塗ってあげましょう。

膣まわりについている水滴は、手で軽く払い水分が残った状態でクリームを塗ると、水分とクリームがほどよく混ざり合ってより乾燥を防ぎます。

 

では、そのローションとクリームのご紹介です。

 

【ローズローション】デリケートゾーン用保湿ローション

ローズの香りで、潤いを与えるデリケートゾーン用保湿ローションはとろ みがあり肌をプルプルに保ちます。

 

【ホワイトクリーム】デリケートゾーン用美容クリーム

Vラインやワキなどの気になる部位の保湿クリームで肌をなめらかにし、 潤いとツヤを与えます。

1日、1~2回ローションやクリームを使って保湿することが大切です。

 

潤いを大切に人生に輝きを!

 

私の場合、この3点セットをバスルームにおき、日々のケアをしています。そして、未来の自分の介護の問題も考慮し48歳からVIOの医療脱毛を始めました。

「いまさらなんで?」

「その年で?」

とたくさん聞かれましたが、今では

「脱毛についてどうしたらいいか教えて!」と聞かれることのほうが多くなっています。

 

いまさらなんで?その答えはひとつ。

 

「私自身の明るく輝く未来のため」

 

そのためには、心も身体も健康でなければなりません。

そして、そのためには「潤い」が何よりも大切なことを教えてもらったからです。

 

膣まわりを清潔に保ち、きちんと保湿し、潤う状態にし、粘液を出せる状態の膣にしておくこと。この状態は免疫力を高めることにつながります。

 

当サロン【ビューティープラス】でお伝えしている

血流を良くし免疫力を高め、健康で美しくハッピーな女性をたくさん増やすことにつながります。

 

そのためには、伝える私自身がそんな女性であることが大切。

 

いくつになっても女性であることに喜びを感じ、人生をより豊かに

そして毎日をイキイキとハッピーに過ごすことが潤う身体の秘密です。

 

あなたの人生も膣まわりのケアによって、いくつになっても潤いと輝きを忘れない身体になることでしょう。

nana
鈴木 美和
セラピスト