感情を整えるフラワーエッセンス

感情を整えるフラワーエッセンス

こんにちは。

フラワーエッセンスティチャー・カウンセラーの河津美希(かわずみき)です。

 

新型コロナ感染症の影響で多くの方がストレスをかかえていると思います。

不安、パニック、イライラ、集中できない、将来が明るく見えない、お金の心配、孤独感などきりがないぐらいのネガティブな感情が溢れやすい時です。

 

また、おうち時間を親しい人と過ごすようになって、親密な人と仲良くいたいのに反対に小さなことでイライラして、喧嘩が増えた人がいるかもしれません。

 

このような誰もがストレスがかかっている状況の中、感情が乱れることは通常なことなのかもしれません。

しかし、うまくこの状況を辛抱強く乗り切り、悲観的になりすぎず、大切な人たちとの関係も良好に維持する力が必要な時です。

 

今回は、そんな自分の感情、心を整えるアイテムをご紹介します。

 

 

「フラワーエッセンス」をご存知ですか?

フラワーエッセンスというと怪しいもと思う人もいるかもしれませんが、こんな時期には安全で、安心できて助けになるアイテムです。

そして、自分自身だけでなく、周りの愛する人にも使えます。

 

フラワーエッセンスについて説明いたします。

 

 

 フラワーエッセンスは安全なもの

フラワーエッセンスは世界中で飲まれています。

例えば、イギリス王室です。イギリスの王室のキャサリン王妃がウイリアム大使との結婚式の前にフラワーエッセンスのレスキューレメディを飲んでいたことが報道されました。

 

もちろん故ダイアナ妃もフラワーエッセンスを飲んでいたことはよく知られています。

 

常に注目され強いストレスを感じることも多い王妃達もフラワーエッセンスの力を借り、より良いバランスを取り続けています。

また、世界の名だたるVIP達もフラワーエッセンスを飲んでいます。

海外の女優のケイト•ブランシェット。エリザベス役やロードオブザリングの王妃役で有名で、まるで妖精のような雰囲気の女優さんです。

女優のジェ二ファー•アニストン。フレンズのレイチェル役で有名でとてもキュートな女優さんです。

歌手のビクトリア•ベッカム。とってもおしゃれでベッカムの奥様としても有名です。

 

ストレスがかかる彼女達がいつもキラキラ輝いているのはフラワーエッセンスが一役かっているのかもしれません。だからこそ、私達もこのお花の力を使わない手はないでしょう。

また、日本でも芸能人達にも飲まれています。

最近は女性誌にも「心を癒す物、心のサプリメント」などと言われ取り上げられたり、おしゃれ女子たちの集まるコスメのお店でも見かけるようになりました。

 

 

フラワーエッセンスがよく間違えられる物

フラワーエッセンスと言うとよく間違えられる物があります。

 

1、お花やハーブを生のまま、または、乾燥させて飲むハーブティーです。

フラワーエッセンスは、飲み物ですが、ハーブティーのように、お花の成分を抽出して飲む物ではありません。

2、お花の香りや心身への効果・効能を楽しむアロマのエッセンシャルオイルです。

フラワーエッセンスはアロマテラピーのエッセンシャルオイルのように香りもありません。

つまり、これらの物とは全く違う物です。

 

フラワーエッセンスは、お花や植物の持っている波動だけをお水に転写した、味も香りもしない飲み物です。波動と言うと怪しいと思われるかもしれませんが、

私たちが見ている色も携帯電話も波動の一部です。

 

 

フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスは7 ml~ 30mlの茶色やブルーなどのガラスボトルに液体が入った物です。

そして、蓋を開けると中の部分にはガラス製のスポイドがついています。蓋の上のゴムの部分を 指でつまむとスポイドにフラワーエッセンスが吸い上げられます。

このようにフラワーエッセンスを吸い上げて飲む物(飲用タイプ)が一般的です。

その他にはスプレータイプもあります。

フラワーエッセンスはボトルに液体が入った物ですが、先ほどご説明したようにボトルの中には、お花は入っていませんし香りもありません。

フラワーエッセンスの中身はお水とブランデー(保存料)またはブランデーでないときはグリセリン(保存料)だけです。

 

フラワーエッセンスの味はブランデーをお水で割った水割りのようなものです。グリセリンを使った物は甘い味がします。

 

 

フラワーエッセンスの飲み方

フラワーエッセンス(液体)を数滴だけ飲み物の中に落として飲む物です。または、そのままボトルから口の中に数滴落として飲みます。

たったそれだけですが、正しく選ばれたフラワーエッセンスを飲み続けることで心のバランスを 本来のよい状態に整え、そして、人生まで変えてしまうような魔法の飲み物です。

 

フラワーエッセンスを飲む期間

フラワーエッセンスを飲む期間は、通常は2週間〜1か月ほどを目安に飲みます。

朝、晩は必ず飲みます。お昼間は数回飲むと理想的です。

例えば、不安が増してきた、大げんかをした時などネガティブな感情が収まらないときには、5分〜10分おきにフラワーエッセンスを飲むことで心のバランスを早く取り戻すことができます。

フラワーエッセンスは多くのブランドがありますので、各ブランドのお勧め滴数や飲む回数がありますので飲む前に確認してください。

 

フラワーエッセンスは副作用がない

フラワーエッセンスは植物の成分が入っていないので、副作用がなく赤ちゃんからお年寄り、動物まで安心して飲むことができます。また、元気のない植物に与えても大丈夫です。

また、お薬を飲んでいてもフラワーエッセンスを並行して飲んでも大丈夫です。

そして、中毒にもなりません。

 

フラワーエッセンスを作ったエドワード バッチ博士

フラワーエッセンスを体系化した人は今から80年ほど前のイギリスの医師エドワードバッチ博士(1886〜1936)です。

バッチ博士は高名な医師でした。しかし、もっと患者に優しい治療法を探していて、人間のネガティブな感情にあわせて38種類のフラワーエッセンスを開発しました。

そして、フラワーエッセンスに対してバッチ博士はこんな言葉を残しています。

フラワーエッセンスは自然界の特定の草木やお花からつくられています。

決して、人に害をあたえたり、傷つけることはありません。

そして、それを飲むことで、平和、喜び、希望、思いやりなどの性質をより強くし、神性に近づけてくれるようなものです。

そして、フラワーエッセンスの医学の知識がなくても使い方が簡単で、誰もが自分や家族、周りの人達に気軽に使えます。

 

 

 

フラワーエッセンスが安全で安心できるものとご理解いただけましたでしょうか?では、ぜひ感情を整えるために試してみてください。

 

フラワーエッセンスを選ぶ時は、今1番感じているネガティブな感情をキーワードにして、エッセンスを選んでください。

 

(例)

「不安」を感じているなら

1、フラワーエッセンスを調べる。

2、気になるブランドを決める。

3、そのブランドの中から「不安」で調べてみてください。

パニック、イライラ、集中できない、孤独感などを感じているなら、それをキーワードに調べてみてください。

 

 

では、あなたと、あなたの愛する人が安全でありますように。

そして、おうち時間をネガティブな感情をフラワーエッセンスで整えてHappyにお過ごしください。

nana
河津 美希
サイキック フラワーエッセンスティチャー・カウンセラー