衝撃!肩こりで垂れ胸になる!?

衝撃!肩こりで垂れ胸になる!?

「昔に比べて、胸が垂れている」

「胸のハリがなくなった」

 

こんなお悩みはありませんか?

 

出産をしたから仕方がない。楽なブラジャーを着けてしまうから。

などなど、諦めている方も多いと思います。

 

実は、その垂れ胸は、肩こりが原因かもしれません。

 

 

こんにちは。セラピストの永井さつきです。

私は20年に渡り多くのお客様のバストやボディーのお悩みの相談に乗ってきました。その中で、年齢を重ねるほどに肩こりや四十肩・五十肩は慢性的に悩まされている方が多く感じられます。肩こり背中のこりは、頭痛やお顔のたるみ、手足のしびれ、また「垂れ胸」の原因になるなど、様々な不調や老化を引き起こします。

 

今回は、あまり知られていない「バストと肩こりの関係」と、気軽にできる対策についてお伝えします。

 

肩こり、背中コリに気づくポイント

このような悩みはありませんか?

  • 腕を上げづらい
  • 左右の肩の位置がずれている
  • 水平に腕を保つのが難しい
  • 洗濯ものが干しづらい
  • 背中のファスナーを上げられない、など

これらの背中や腕、肩の違和感が、バストのハリがなくなる原因になっているかもしれません。

 

 

私のサロンでは、背骨のエクササイズや筋膜リリースを活かしたバストデザインのケアをさせていただいています。施術を受けられた方がみなさん肩や上半身がラクになったり、腕が上がるようになった、など実感されています。

 

バストと肩こりの関係

 

バストの9割は脂肪ですが、その脂肪がのっている土台が筋肉です。肩や背中が痛いと、巻き肩や猫背になり、必然的に身体の前面・胸全体が圧迫されている状態になっています。

すると血行不良になった胸には栄養分が十分に行き渡らなくなります。また老廃物が排出されにくくなり、ホルモンバランスや自律神経の乱れにも繋がり、結果としてバストの成長に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

さらに、バストが大きい方は、胸が垂れやすいです。バストが大きい分、脂肪も重くなるからです。

 

ただでさえ重みで下垂しやすいところ、肩や背中の痛みをかばって姿勢が悪くなると、バストを支えられず、また肩がこりやすくなってしまいます。

 

美しいバストラインと肩こり改善対策

 

形の良い上向きのバストをつくるためには、体の前面だけでなく、背面のケアが必要です。

<ポイント>

  • 圧迫されている肋骨の動きを良くする
  • 下垂や横に広がる原因となる筋膜と脂肪の癒着をはがす
  • 筋肉の緊張をほぐす

 

痛みや筋肉の緊張から解放されることで、正しく背筋を伸ばすことができ姿勢も良くなり、バストトップの位置が上がったり、上向きの形のよい丸いバストになります。

 

 

 

肩こりにもっとも関係が深い筋肉は背面の筋肉です。すなわち肩甲挙筋、僧帽筋、菱形筋、頭板状筋です。これらの背面の筋肉を緩めるために、ほぐすのが、胸や腕など体の前面の筋肉です。(胸鎖乳突筋や鎖骨下筋、腕の三角筋など)

 

つまりバストケアのために体の前面のマッサージをすると、背中や肩のコリも改善してくるという事です。

筋緊張を落として、血行促進もしている状態でマッサージをすることで、女性ホルモンも活性化されるので、女性に嬉しい効果がいっぱいですね。

 

日常でできる美バストケア

 

では、実際にどのようにマッサージをしていくか解説します。

1.筋膜と脂肪をほぐす

まずは癒着した筋膜と脂肪、筋肉をほぐしていきましょう。

筋膜は全身を包むボディスーツのような役割ですが、肩こりをしている人は、筋膜がねじれて、どこかの部分に負担がかかっています。例えば、姿勢の癖や同じ動作の連続、筋肉の使い過ぎによって、筋膜は隣接した皮膚や筋肉にくっついて固まってしまいます。

 

<ポイント>

強さ:痛くない心地よい程度の強さ

ほぐし方:手の重みで皮膚を揺らすような感じ

順序:血管やリンパ腺の流れも促進したいので、体の末端の手から始めて、中心に向かっていくとよいでしょう。

 

胸を開いて、腹筋を意識することで背中や腰の筋肉をゆるめるように姿勢を良くしてマッサージしてあげてください。すると、筋肉が正しく使われるようになります。

一定の圧や刺激を与えていくことで、筋膜の動きがなめらかになり、これだけでも腕が上がりやすくなったり、首が回りやすくなったりします。

 

 

2.肩と肩甲骨の筋肉運動

ひとしきりほぐれたら、肩や肩甲骨まわりの筋肉を動かしていきましょう。

 

<ポイント>

首の横(胸鎖乳突筋)を片側の手でつかむようにしたまま、

腕を伸ばしたり、肩を回したりしてみてください。

肩や肩甲骨回りの筋肉はローテーターカフと呼ばれ、普段動かすことが少なく痛みやだるさを感じやすい部分なので、習慣的に動かしてみてください。

 

胸鎖乳突筋に圧を加えておくことで、肩こり感がゆるみ、動かしやすくなるのです。左右の肩でやってみてくださいね。

 

 

3.バストまわりのマッサージ

バストの脂肪と筋膜の癒着をはがしていきます。

バストの輪郭を指ですくうように、乳首の方向に少し強めに押していきます。

痛みを伴う部分もあると思いますが、そここそ融着が強い部分なので、辛くない程度の強さで少しずつはがしてあげてください。

全体的にはがしたら、1のマッサージをしてあげるとさらに効果的です。

 

 

いかがでしたでしょうか。少しでもお悩み改善につながり、美しさや健康を保つことで、自分らしさや自信へのきっかけになればうれしいです。

トレーニングのコツは、ゆっくりとした動きで、深呼吸しながら行うことです。ゆったりした気持ちで、ぜひ楽しみながら続けてみてくださいね。

nana
永井 さつき
アムリタラボラトリー オーナーセラピスト