バストのハリは食事で戻せる!

バストのハリは食事で戻せる!

最近バストのハリがないと悩んでいませんか?

 

こんにちは。バストアップセラピスト、 育乳女神ことヘブンズドアの みやざきやすこ です。

私のサロンでは、9割の女性がバストが大きくても小さくても ハリがないと悩んで相談にいらっしゃいます。

 

年齢とともにハリがなくなってきた…

授乳とともにバストが垂れてしまった…

などなど

 

もちろん皆さん、自分なりに努力をして解決しようとしていたようですが、どんどんバストのハリがなくなり、下垂までしてくる・・・ どう解決したら良いかわからないわけです。

放置しておいても、よくなることはありません。

 

実は、バストのハリは、食事で取り戻すことができます。

今回は、バストのハリや下垂に悩まれている方に、毎日の食事で気を付けるポイントをお伝えします。

 

バストのハリには脂質が必要

よくハリを出すために、コラーゲンドリンクを飲んでいる方がいます。

もちろん、それが悪いわけではありませんが、バストのハリに最も必要な栄養素は、「脂質」です。

 

 

なぜ脂質が大事か?

人間の体は35兆個の細胞でできています。 その細胞一個一個、更にはその細胞の中にある核やミトコンドリアなどが 細胞膜に覆われています。

そしてその細胞膜の7割は脂質になります。

 

私たちの細胞のほとんどが脂質でできているのに、もしその脂質が足りなければ、体の様々な部位に支障をきたし、病気を招いたり、美容にも悪影響を及ぼします。

 

「脂質 = 太る」というイメージが先行し、低脂肪のものを選んだり、脂質を敬遠しがちです。現代人は脂質が不足している方が非常に多いのです。

 

脂質は何に使われている?

  • 細胞膜
  • エネルギー
  • 女性ホルモン、男性ホルモン、甲状腺ホルモンなどの各種ホルモン
  • 体の潤滑油
  • 皮脂膜などのバリア機能
  • 体内酵素の原料

 

脂質が失わるとどうなる?

脂質が失われていくと、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れ、様々な症状が現れます。

  • バストのハリが失われる
  • 肌の乾燥、ハリが失われる
  • 関節炎
  • 疲れやすい

などなど...

いくら水分を摂っていても、細胞の膜である脂質がなければ水分は失われてしまい、保湿やハリが出ないのです。

 

バストのハリを取り戻すには、脂質が必要です。さらに、脂質に加え、タンパク質と水分が必要です。この3つが十分に摂れた状態で、ハリとボリュームのあるバストの条件が整います。

 

バストのハリに必要な栄養素

 

1.良質の脂質

脂質と言っても、唐揚げばかり食べるという事ではありません。

油にも以下のように種類が様々で、良質な油であるオメガ3の油を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

 

2.タンパク質

お肉や魚、卵などの動物性のタンパク質と、豆類、アスパラガス、とうもろこしなどの植物性タンパク質の両方を摂れるとよいです。

もし食材にも少しこだわれるようでしたら、成長ホルモン促進剤不使用の牛肉、遺伝子組み換えではない豚肉、 卵は平飼いの卵など良質のものを選んでください。

 

バストに関わる女性ホルモンには良質の脂質とタンパク質が必要です。体内のタンパク質の3割がコラーゲンやエラスチンになります。

コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に、そして残りは血管や内臓に含有されます。

お肌に関しては、皮膚の真皮の7割を占めているのがコラーゲンで、コラーゲンとエラスチンが繊維状に張り巡らされてヒアルロン酸が隙間を埋めていきます。

それによって皮膚にハリや弾力を生み出します。これらのコラーゲンとエラスチンを含むタンパク質は、バストのハリを出すのには欠かせないものです。

 

 

3.水

普通の水か炭酸水を飲みましょう。

 

体の6~7割は水です。そして、この水分の7割は筋肉で保有されます。水分不足になると、筋肉の水の保有量は減り、筋肉が硬くなります。さらに、硬くなった筋肉は、コリやすくなり、ほぐれにくくなります。

水分不足で硬くなった胸の筋肉に脂肪が引っ張られて、脇や背中に流れていきます。胸の硬い筋肉は動きが悪くなり、代謝が落ち、冷え、その上に乗っている脂肪も硬くなり、硬いバストになってしまいます。

そのため、バストアップには水分必要です。

 

水分を摂る時に、白湯はお勧めしません。お湯を沸かすと、水分中の酸素がなくなるからです。

 

 

その他気を付けたい事

上記の3つの栄養素を摂る以外に、糖質の摂り過ぎには気を付けてください。

お茶碗1杯で糖質は約50g、角砂糖14個分に相当します。もちろん、糖質も人間には必要な栄養素ですが、現代人は糖質を摂り過ぎているため、あえて摂ろうとする必要はありません。

過剰に摂りすぎた糖質はAGEという終末糖化物質になり、体のタンパク質と反応して 「コゲ」「サビ」と言われる炎症を起こします。 よく言われる老化を早めるものでもあります。

 

バストが垂れていても、授乳をした後だから仕方ない、年だから仕方ない、など諦める必要はありません。

糖質を控えて、良質の脂質、タンパク質、水分をきちんと摂れば、バストのハリは戻ってきます。また、こういった食生活は、バストだけでなく、全身の健康と美しさにも繋がります。

是非日頃のお食事を見直してみて全身の美と健康を手に入れていただきたいです。

nana
みやざき やすこ
育乳女神バストアップセラピスト