こんにちは。アンチエイジングセラピストの宮城なほ子です。

私はエイジングケアを専門としたプライベートサロンで、多くの方のお悩みに向き合っています。

 

女性なら誰しも気になる老化の症状は、加齢だけが原因ではありません。

同じ年齢でも、老けて見える人、若々しく見える人。元気な人、疲れやすい人。たるんでいる人、たるんでいない人。

その差は、日々のお手入れや健康管理だけでなく、日常生活の中で知らないままにやっているクセや習慣も関係しています。

 

たるみで悩んでいるお客様の中には、共通のクセや仕草があります。それは、たるみ顔の原因、肌をたるませてしまう「たるませグセ」です。

 

知らず知らずのうちに、皆さんもやっていませんか?

今すぐ「たるませグセ」にサヨナラして、たるみにくい習慣を身に付けましょう!

 

 

たるみについて

 

たるみの種類

たるみの種類は「ほうれい線」「毛穴たるみ」「瞼たるみ」「涙袋たるみ」「輪郭たるみ」などがあり、顔立ちやお手入れ方法、生活習慣などで、たるみが現れる場所が異なります。

ただ、その原因はほぼ同じで、真皮にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少し弾力が失われることで、生じています。

 

 

「たるませグセ」でたるむ

どの部分に現れても、たるみは老け顔に見えてしまう一番の要因です。特に、たるみが原因で実年齢よりむ老けてみられてしまう、という方は、「たるませグセ」がある方が多いです。

毎日の何気ないクセが原因で、老けてしまっているのかもしれません。

 

 

今すぐ止めて!3大「たるませグセ」

 

1.たるませ姿勢

一目でわかる「たるませグセ」は、姿勢です。

猫背、あごが前に出ている、頬杖をついている、歪んで座っている、などの姿勢のクセはたるみの原因となります。

猫背やあごが前に出ている状態は、後頭部の筋肉が後方に引っ張られ、首の前の筋肉は前方に引っ張られています。そのため顔の下半分にあるある筋肉は、下へ下へと引っ張られてたるんでしまいます。

頬杖をつくと、頬を圧迫し皮膚を伸ばします。さらに、体重をかけてしまうと頬骨や顎がゆがみ、左右非対称のたるみとなります。

歪んだ姿勢は、リンパや血液の流れが滞りむくみやすくなります。むくんだ顔はフェイスラインがぼやけ、さらにその重さは筋肉で支えきれなくなり、たるんでいきます。

 

最近話題の「スマホ顔」も、長時間の下向き姿勢が原因です。

スマホは距離を離して目の高さの位置で見るように、パソコンは10~20cmほどの台に乗せ高さを上げて使用すると良いでしょう。

 

姿勢のクセは直しにくいですが、毎日のことなので重要なポイントです。意識して続ければ正しい姿勢が保てるようになるので、頑張りましょう!

 

 

2.たるませ表情

次の「たるませグセ」は、表情の作り方です。

顔には約60もの表情筋が張り巡らされており、目・鼻・口・眉などを動かしています。筋肉は皮膚にくっついているので、筋肉が緩むとダイレクトに肌や顔の各パーツがたるんでしまいます。

 

サロンではお悩みを伺っているので、お客様は「困った」「悩んでいる」という表情になってしまうのですが、過剰にネガティブな表情を作る方は要注意です。

豊かな表情は筋肉を発達させハリが保ててよいのですが、その筋肉の使い方が重要です。

 

口角を下げる、眉を下げる、鼻にシワを寄せる、眉間にシワを寄せる、などのネガティブな表情は、たるみだけでなくシワの原因にもなります。

たるみ予防になる、口角を上げる、口を大きく動かしはっきり話す、よく笑う、などのポジティブな表情を心がけてください。

 

 

3.たるませ触り

最後の「たるませグセ」は、肌の触り方、動かし方です。

「どの辺のたるみが気になりますか?」と質問をすると「ここです」と、気になる部分をグイっとつかんだり、引っ張ったり、「顔の下半分です」と両手で顔を挟んで上下に動かす方がいらっしゃいます。そんな時は「キャー、止めてください!」とカウンセリングを中断し、肌の触り方からご指導してしまいます。

 

皆さん、顔を手で動かすのはご法度ですよ!意外と多いのが、マッサージと勘違いして肌をつまんだりグイグイ動かしてしまう方。しかし、その動きで真皮の中のエラスチンやコラーゲンはブチブチ切れてしまっています!

 

肌はなるべく手で動かさないでください。クレンジングや洗顔の時も同じです。肌を動かさずにクレンジング剤や洗顔剤を肌の上で滑らせるのが正しい方法です。洗顔時にマッサージを行う方もいるようですが、素人のフェイシャルマッサージは厳禁。動かす方向を間違えるとシワやたるみを作ってしまい逆効果になる場合が多いので、マッサージはプロにお任せを。

 

 

 

たるみの原因や対処方法は他にもありますが、アンチエイジングケアの前にまずは生活の中の「たるませグセ」から見直してみてください。

高価なスキンケア製品を使ったり、トリートメントを続けていても「たるませグセ」があったらなかなか改善に繋がりません。

 

ぜひ、たるみの原因を排除することから始めてください。そうすれば、スキンケアやトリートメントの効果もグンとアップしますよ!

「あなたが今、51 0歳若返るとしたら何をしたいですか?」

 

こんなことを聞かれたら、どんな気分になりますか?

こんにちは。セラピストの鈴木美和です。

 

今まで諦めてしまっていたたくさんのことが再び膨らみ出し、ワクワクしてきませんか?

かといって、針を刺したり、メスを入れたりする、整形は気が引ける方も多いのではないでしょうか。最近は、針を刺さないでも、肌にハリを出す「プチ整形」の若返り方法があります。

今日は、肌に負担がなく、若返りができる「針を刺さない美容注射」についてお伝えします。

実は、「針を刺さない美容注射」で、日焼けと乾燥で、頬に地図のように広がった肝斑、そしてシワシワで手あたり次第に試した高級クリームでも変化のなかった私の肌が、劇的に変わったのです。

 

針を刺さない美容注射 

ニードレスインジェクター

 「ニードレスインジェクター」とは、注射器の中に美容液を入れ、肌に直接針を刺さずに高圧のジェット噴流のエアーで美容液を導入していく肌の若返り注射のことです。

美容液が入る深さは、お肌の3ミリ、つまり肌の真皮層まで届けるのです。

肌に直接針を刺さないので痛みはなく、血も出ないうえにダウンタイムもありません。

この美容注射は1か所に注入するのではなく、1500ショットほどを顔全体に打つことができ、さらに首まで打つことができます。

1500ショットもの美容液を首から頭皮までしっかり入れていくのですが、肌の奥に浸透するため表面はさっぱり、でもお肌のもちもち感はたっぷりになるのです。

痛みもありませんので、今まで注射に抵抗があった方、注射に興味があるけど不安な方にも安心な針を刺さない美容注射です。

 

ニードレスインジェクターの効果

ニードレスインジェクターは、針を刺さずに肌の奥に美容液を導入するだけです。ただそれだけなのに、フェイスライン、ほうれい線、頬骨の高さ、目の開きが変化します。

 

これは、耳下腺にアプローチしながら、筋膜に沿って打つことによってぐっと引き上がっていくのです。

 

これが一番の驚きで、引きあがった自分の顔、そして薄くなったほうれい線、頬骨の高さが変わり、目尻・眉間・おでこ・そして首のしわが目立たなくなるのです。数年前の自分の顔に戻ったかのよう…。

そして、翌朝のメイクの時にお肌の違いをさらに感じるのです。引き締まって潤いのある自分の肌を感じるウキウキ感は最高です。

 

頭皮の悩みにも使える

ニードレスインジェクターは、お肌だけではなく、頭皮にも使えます。年齢とともに髪が細くなり、薄毛で悩んでいる方は、ニードレスインジェクターに育毛エッセンスを入れて、分け目の生え際部分や頭頂部に導入することができます。

男性だけでなく女性にもこの悩みは多く、なかなか人に言いづらい薄毛の悩みを解消していきます。

 

おススメの美容液

ニードレスインジェクターで導入する美容液は美白や美肌、ハリや艶に欠かせない成分を贅沢に配合し用途に合わせて選ぶことができます。3種類の美容液をご紹介します。

 

美白と保湿美容液

ビタミンⅭ誘導体による美白効果、ヒアルロン酸配合で保湿効果のある「ラボホワイト」

 

肌再生効果のある美容液

単体の豚コラーゲン使用のプラセンタ溶液を上回る再生効果のある「ヒト幹細胞培養液」

 

育毛効果のある美容液

細胞レベルへアプローチする「育毛エッセンス」

この美容液は、ケアだけでなく予防も潤いもすべておまかせの美容液です。あなたの長年の悩みを解決しながら未来のキレイな肌へも導いてくれるのです。

 

施術時間の短さも魅力!

女性は毎月エステ、ヘアサロン、ネイルサロン、まつエクサロン…忙しいですね。でもあれもこれもは大変で、せっかくの時間を効率よく使いたいものですよね。

時間を気にせず受けられるこのニードレスインジェクターは30分ほどの短時間で完了。忙しい方も気軽に受けることができます。

 

 

肌の状態はあなたの毎日を変えていく

女性はいくつになっても女性らしさを失わず心身ともに健康的に過ごすことができます。

肌が元気だと、気持ちもどんどん前向きになり【あんなこともやってみよう!あんな場所にも行ってみよう!】と世界が広がっていきます。

 

私たちは、生活の中で楽しさや喜びを選ぶことができます。笑顔になる要素は、日常生活であちこちに転がっているのです。

年を重ねれば重ねるほど美しくなる人は、自分を楽しませることができ、年齢を重ねるほど幸せになる生き方を自然に選択し続けているのです。

 

あなたは、これからどんな自分をプロデュースしますか?

身体の中にはもっともっと健康に美しく、そしてもっともっと幸せになる パワーや秘密があります。

 

あなたも年齢を忘れるほど輝く肌を手に入れるニードレスインジェクターで自分の人生をハッピーに!

こんにちは。骨格メイク協会のインストラクター小河久美です。

 

20代のころは自然に出てた「目力」。
40代も過ぎると、昔のような眼力が無くなり、なんだか目力が年々減ってきてる気が!

なんて日々、お悩みではないですか?

 

誰もが手に入れたい「目力」。

いつまでも20代のころのアイメイクで頑張りたいところですが・・・、

今の自分の目に合ったメイクに切り替えないと、何だか不自然で違和感のある「イタい」目元に!

 

あなたは大丈夫でしょうか?!

 

 

目力が弱くなる原因

加齢と共に、張りが無くなり何だかしぼんだように見えてくる目元。

目は口ほどにものを言う、と言われていますが目の力が弱いと何だか疲れているように見えたりぐっと老けたように見えがちですよね?

人によって原因は様々ですが、目元に関しての主な原因は以下の通りです。

 

1.まつげの量が加齢や生活習慣により減少

メイクレッスンをしていても多いのが、まつげの量が少なくなってきているため、まつげとまつげの間の「すきま」がどんどん目立ってしまうこと!

まつげ同士ですきまが埋まっていれば、必然的にアイラインのような役割を果たしてくれるのですが、頭髪と同じく加齢と共にまつげも薄く、少なくなってきます。

このすきまが広ければ広いほど、目元の締まり感が出ないので目力が弱くなります。

 

2.まぶたの筋力低下により生じたたるみやシワ

目の周りには「眼輪筋」と言われる筋肉があるのですが、その筋肉が弱ってくると、眼輪筋が緩くなり、たるみやシワに繋がります。

若いころは上がっていた筋肉も、どんどん下降して重力に逆らえなくなるんですよね・・・。

骨格自体や目の形自体は変わってなくても、目の周りの筋肉や皮膚が衰え垂れてくることで、一気に老け顔に見えてしまいます!

 

3.上まぶたの窪みが深くなり疲れ顔に見える

上まぶたの張りが失われ、凹んだような窪みが加齢によって目立ってくる方も多いです。

印象としては、彫りが深いように見えるという利点もあるのですが、そのままだと何だかお疲れ??な印象に見られがちです。夕方以降に凹みがひどくなる、という方も見受けられます。

 

4.目の下のたるみによる老け感

上まぶたのみならず、下まぶたもお悩みの方が多いのが事実。

クマやシワ、もそうですがそれに重ねて出てくる「たるみ」
これがあるだけで+何歳加算されるの?? というほどにっくき奴です。

実は、この「たるみ」自体が問題というよりも、そのたるみの下にできる「影」が老け感を出しているのです。

 

 

美容整形じゃなくても目元は生き返る!

シワやたるみなどは、結論から言えば完全に無くすことは不可能です。

勿論、美容整形などに頼れば話は別ですが、全ての人がそうできるわけではないですもんね。
美容整形などでお金や労力をかけなくても、ちょっとしたメイク法であなたの目元は若返りますよ!

 

お悩み別に応じたアイテムや対処法さえわかれば、大丈夫♪

 

上記の1~4に対応するアイテムとメイク法をご紹介いたしますね。

 

目力アップのメイク法

1.まつげの量

まつげの量も、残念ながら急には増えません(泣)

なので、地道にまつげ育毛剤などでマツ育して頂くのがベストではあるのですが、待てないとき(笑)は、

まつげとまつげの間を「埋める」ように、丁寧にアイラインを引いてみてください。

目の輪郭が際立って、本来の目のフレームが生きてきます。

よく、まつげの上あたりにアイラインも入れてる方が多いですが、まつげとまつげの間の「すきまを埋める」ように入れてみてください。

また、

眉毛の「下のライン」をきちんと書くことで眉と目元の距離が近く見え、目が引き締まって見える効果もありますよ。

 

2.シワやたるみ

シワやたるみは、加齢もそうですが「生活習慣」でできたものでもあります。
目をよくこすったり、スマホを見すぎていたり、メイクを落とすときに強い圧で落として摩擦になっていたり・・・。そんな日々の習慣が、長年かけて蓄積されて出てきてしまってるんです。

シワもたるみも、急には無くせません!40代にもなると、目元専用美容液など投資するのも〇。

また、目のシワやたるみばかり気になってしまってませんか?

他にもチャームポイントはあるはずです。

目以外の他のパーツも生かすメイクで目線をそらすのも一つの方法です。(また別の機会に具体的にご紹介致します)

 

3.上まぶたの窪み

上まぶたの窪みができることによって、そこが凹んで「影」になります。影ができると、暗くなりますよね。
ということは、凹んだ部分を明るくすれば膨らんで見える効果があります。

上まぶたの窪んでいる部分に明るめのコンシーラーを付ければ、光の効果で自然にふっくら見えますよ♪

 

4.下まぶたのたるみ

下まぶたのたるみをよく観察すると、たるんでいる部分は出ていて、たるみが終わる境目の部分は凹んでいます。
つまり、たるんでいる部分とそうでない部分との「段差」によって、老け感が出てるんです。

この段差を緩和すれば、下まぶたのたるみも目立たなくなるというわけです。

 

下まぶたのたるみと地肌の境目に、コンシーラーをのせてなじませることで、段差が緩和され、たるみが目立たなくなります!

 

この時のコンシーラーの色は、下まぶたの状況や地肌の色にもよりますが、基本的にはたるんでいる凸部分の肌の色に近い色を付けて下さいね。(色が違うとかえって目立ちます)

 

 

いかがでしたか?

 

もう年だから、、、、と諦めなくても、普段の生活やメイクで自然な目力も蘇ります。

いつまでも20代のころのメイクにしがみついていたり放置するのではなく、客観的に「今の自分」と向き合って自分に合った方法で素敵な淑女になっていきましょう♡

ホリスティック薬剤師の宮本知明です。

私は薬剤師でありながら、薬を減らす啓蒙活動をしています。薬で症状を抑える医療には限界があると感じ、自己治癒力を高めて病気にならない体つくりの指導をしています。

そんな仕事柄か、表面的な美よりも、健康な体から作られる美しさに魅力を感じます。

 

私のような男性から女性に対して年齢を聞く事はできません。そのため、男性は常に女性の年齢を、その人の見た目から推測するしかありません。
もちろんスキンケアによって若々しい肌をキープする事は大切ですが、肌の内側からケアをしている女性は、実年齢よりも若く見える事が多いと感じています。

美肌のためにケアが必要なパーツで、あまり知られていないのが、「骨」です。顔のシワやたるみは、実は骨の老化によって引き起こされている事があります。

 

 

たるみとシワの原因は骨にあった

女性のなりやすい骨の病気といえば「骨粗鬆症」という骨の中身が次第にスカスカになっていく病気があります。その原因は、閉経による女性ホルモンの減少が考えられます。女性ホルモンの低下は、体に様々な影響を及ぼしますが、その中でも、頭の骨、つまり頭蓋骨がやせ細るというのは知られていません。

特に、目の周り、頬、上顎の骨への影響が顕著にでます。また、下顎の骨が委縮し、フェイスラインが崩れます。

 

このように顔の皮膚と筋肉の中心にある頭蓋骨が小さくなることで、覆っている皮膚と筋肉に隙間ができ、たるみができます。そのたるんだ部分からシワになりやすくなります。

 

 

閉経前から骨密度を意識した対策を

女性ホルモンの減少によって、骨粗鬆症を始め、骨に影響が出ます。それによって、顔のたるみやシワもできやすくなります。

閉経して顔にたるみができてから、ハリに効果的な化粧品で対策するのではなく、閉経前から対策をしておくとよいでしょう。

女性ホルモン減退による骨への影響に対しては、以下のような栄養素が効果的です。

 

エクオール

大豆、レッドクローバーに含まれているイソフラボンが、腸内細菌によって代謝されて産生するのが「エクオール」です。

エクオールには、女性ホルモン様作用があり、閉経前後の女性ホルモンの急激な減少を抑え、骨の形成にも作用してくれます。しかし、このエクオールは、腸内細菌に産生できる菌がいないといくらイソフラボンを摂取してもエクオールになりません。

日本人女性の2人に1人にエクオール産生菌がいると言われており、腸内細菌検査で調べる必要があります。最近では、エクオールそのものを摂取できるサプリメントもありますので、そちらを用いることで自分の腸内細菌に関係なくエクオールの効果を感じることができるでしょう。

 

ビタミンD

骨を強くするビタミンといえばビタミンDが一番有名です。骨粗鬆症予防にも注目がされておりますので、頭蓋骨の骨の萎縮も予防できるでしょう。

ビタミンDは、人が自ら産生できるビタミンとしても有名です。ビタミンDを作るには紫外線が必要になります。しかし、女性の場合は紫外線対策をしている方が多いため、ビタミンDを生成する量の紫外線が不足していることがあります。

ビタミンDのサプリメントを摂取するために、肝油ドロップも注目されています。肝油ドロップの場合、ビタミンDだけでなくビタミンA、DHA、EPAと健康だけでなく肌にも良い成分がまとまって摂取できます。

 

 

マグネシウム

骨の構成成分の半分はマグネシウムでできています。また、マグネシウムは骨だけでなく、体に必要なミネラルの一つでもあります。

マグネシウムを摂取する時は、カルシウムと一緒に摂る方が効果的です。

骨を強くするにはカルシウムと思われがちですが、実はカルシウムを取りすぎると逆にマグネシウムが減少してしまい、骨が弱くなることも分かってきました。カルシウムとマグネシウムが2:1くらいの摂取を心がけましょう。

最近、注目されているケイ素を含んだシリカ水もカルシウムとマグネシウムを程よく含んでいるため骨形成だけでなく、美容でも効率よくミネラルを補給できます。

 

コラーゲン

骨の20%は、タンパク質の一種であるコラーゲンによって構成されています。コラーゲンは美肌だけでなく、骨にとっても効果的です。さらにコラーゲンは、前述したビタミンD、マグネシウムと連携して骨を形成するために必要な材料です。骨がしっかり出来上がるようになれば、肌の方へコラーゲンが使われるようになります。

 

ビタミンC

高濃度のビタミンC点滴が、アンチエイジングの業界でも注目されるようになりました。ビタミンCには、肌の美白効果だけでなく、抗ストレス作用や免疫力の向上といった健康にも良い効果が期待されています。ビタミンCは、肌だけでなく、骨の形成にも大切な栄養素と言えます。

自宅でビタミンCを摂取する際には、30分後にはビタミンCが最高血中濃度から低下してしまうものが多いので、1gを1時間ごとに服用することが必要になってきます。

最近では、1回の服用で欲しい血液中のビタミンCの濃度を長く維持できるようなサプリメントも登場しています。「リポソームビタミンC」や「2段階放出型ビタミンC」など

 

まとめ

健康な体があって初めて、美しい肌が作られます。健康な体の土台となる「骨」が老化すると、肌にたるみやシワを引き起こします。また、それらは見た目年齢にも大きく影響します。特に、骨は閉経前後の女性ホルモンが減退する時をキッカケに急激に老化が始まります。閉経前から、骨に必要な栄養を補充しておくことで、老化のスピードを遅らせることができます。

薬を使わないホリスティックな薬剤師として、世間ではあまり知られていない骨に必要な栄養素についてお話をさせていただきました。

 

 

 

コスメコンシェルジュのyokkoです。私は30代後半くらいから、顔のたるみが気になり始めました。

ホームケアで何とかしたい!そう思い私がたどり着いたのが美顔ローラー。私はこちらを使用しています。

左) リファカラットフェイス サロンモデル  右) リファラインリフト & リファリンクルクリーム(12g)セット

最初に購入したのは、左のリファ です。こちらを購入しようと思ったきっかけは、それまで自撮り写真など一度も、撮ったことがなかった私。ある日、何の気なしに撮った写真をみて愕然しました。

リファ始める前の一番左の顔は、完全に顔が歪んでいます。(向かって右側がさがってますよね?!)

 

たるみの原因って何?!

私がコスメコンシェルジュになるために、勉強をしていたときの、日本化粧品検定2級のテキストによると、顔は何もしないと、自分でリンパを流すこともできない為、しっかりと筋肉のコリをほぐしてあげることが大事とのこと。そうすることでリンパが滞るのを防ぎ、老廃物がスムーズに流れ、新陳代謝が促されるのですね。

十分にほぐれて弾力のある状態に戻ると、次は効果的なマッサージをしてあげることで、皮膚とともにずり落ちた筋肉を正常な位置に戻すことができるのです。

 

たるみ対策に、エステの代わりに美顔ローラー

たるみ対策のためにマッサージするとなると、エステに通うか、自分でクリームやオイルを塗って、セルフマッサージする必要があります。毎日これをするとなると、さすがに美容好きな私でも億劫でした。

Refaは、そんなズボラな私でも、TV見ながらコロコロ、毎日10分でも、15分でもできるときにコロコロしてあげるだけで、OKです。効果を出すには、肌がやわらかくなったお風呂上りのスキンケア直後が一番効果的です。

1ヶ月に1度エステに行かなくても、1週間に1度、高級なマッサージクリームを塗ってセルフケアをしなくても、ながら美容で、約1年半でここまで変化がでたことは自分でも驚きです!しかも1回のエステ代やクリームのお金を考えると断然安い!

実際、このローラーは「ニーディング」と呼ばれるプロのエステティシャンの手技の動きを再現しているそうで(公式HPより)つまみ流す動きが絶妙なんです。

 

美顔ローラーは、たるみだけでなく、他にも使える!

たるみケアと思って始めたのですが、この左のリファカラットは、柄の部分に、ソーラーパネルがついており、微弱電流「マイクロカレント」を発生させます。

顔のリンパに刺激を与えてくれるので、顔の血流が良くなり、更にはたるみ毛穴、そしてプツプツとあったニキビ予備軍、下唇の下のザラザラもなくなり、ツルツル肌になってきたのです!これは嬉しい誤算でした。

化粧品は、どんなに高価なクリームを使っていても、いずれなくなりますが、こちらは、ほぼ永久に、使えるし、しかも、電気も何もいらないです!それで肌がキレイになるなら、投資する価値はきっとある!

 

エイジングケアと言えばシワ対策

そして右の小さいRefaは、乾燥小ジワを目立たなくするという、目元の小ジワ、口元の法令線が気になり始める、30代後半〜のエイジングケアに持ってこいのアイテムです。

こちらは、ソーラーパネルは付いていないので、微弱電流はありませんが、ニーディングの手技はそのままに、目元、法令線、眉間など顔の細かいパーツにピッタリフィットします。

更に、シワに効果のあると言われている、レチノール配合のクリームもセットで付いてくるので、気になる目元のシワや、法令線にこのクリームを塗り込み、ローラーでシワを伸ばすようにコロコロしてあげるだけ!

 

お金をかけず、でも効果を出したい!楽しむことが継続の近道

エイジングケアというと、つい構えて、お金も時間もかかるし、と、諦めている方こそ、この美顔ローラー、試してみてください!

美容は、化粧品だけでもダメですし、食事や睡眠、保湿に紫外線対策などいろんな要素が絡んでいるのは確かですが、特に効果が現れると、嬉しくなるもの。

高級な化粧品も、エステも、もちろん効果はあると思いますが、エイジングケアは、継続できなければ、意味がないですものね!

そして、何より楽しみながらできることが一番!それが継続にも繋がるというもの!

楽しみながらエイジングケア、始めてみませんか?!