インターネット・テレビ・書籍etc..昨今、巷には様々な健康情報が出回っています。

その情報は本当に信頼できるものでしょうか?

こんにちは。ホリスティックセラピストの中村 典代です。

 

人によって体質や気質、生活習慣は様々。ある人に合ったものが他の人にも合うとは限らないし、今の身体には合っていても、これからもずっと合うとは限りません。

同じものを摂り続けることで、食事のバランスは崩れます。

もし、あなたが健康に良いと思って毎日熱心に食べ続けているものが、あなたの不調の原因だったとしたら?

 

今回は、ある食材ばかりを摂っていたことで、不調に悩まされたという私の実体験を通し、ご自身の食生活のパターンを見直していただければと思います。

 

長年悩まされていた症状の意外な原因

バナナは朝に必要なすぐにエネルギーとなりやすい糖質、そして食物繊維、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれているため、朝ごはんや小腹がすいた時にも食べやすいですよね。

私も以前は、朝食や間食に、バナナをよく食べていました。実は、このバナナが原因で、私は長年不調に悩まされていました。

 

 

当時の私は、風邪をひいて高い熱を出した後、なかなか痰が絡んだ咳が治まらず悩んでいましたが、それも「体質」だから仕方がないと思っていました。

いつものように症状が出た時に、妊娠中だったため薬を飲まずに我慢していると、症状が悪化しました。病院に行くと、「急性副鼻腔炎」だと診断されました。

 

これをキッカケに健康や食事について勉強したところ、私が普段口にしていたバナナをはじめとする食事が、「急性副鼻腔炎」のような症状を引き起こしている事が分かったのです。

 

偏った食事が不調を招く

5000年の歴史をもつインド・スリランカの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、人の体質を大きく3つに分けます。そのうちの一つである粘液体質を助長しやすいものに以下の食事があります。

 

<粘液体質を助長しやすい食事>

それらを摂取しすぎると、副鼻腔炎や花粉症などの症状が表れると言われています。

バナナも粘液体質を助長する食べ物の中のひとつに挙げられていました。

 

そこで私は、バナナだけでなく、当時の私が好んで食べていたもので上記に該当する食べ物を思い切ってやめてみました。

すると、不思議!高い熱が出てもその後、しつこい痰が絡んだ咳には悩まされなくなりました。

私は食事を変えてから、半年もしないうちに症状が改善しました。その後も、少し体調が悪いかなと思った時は、これらの食物を控えるように心がけることで、それ以上悪化することなく、快適に過ごせるようになりました。

 

ここで間違って欲しくないのは、バナナが健康に悪いという事ではありません。偏った食事がある症状を引き起こす可能性があるといういう事です。

 

 

子供の体質も食事で変わる

 

私は今現在、ホリスティックスクールLavieで更年期や不妊、子育てに悩む女性たちのご相談を承るようになりましたが、ご本人やお子さんの副鼻腔炎や花粉症などのご相談も寄せられます。

先日も、本人もお子さんも副鼻腔炎で悩んでいるという女性にお話を伺ったところ、お子さんに頻繁にバナナをはじめとする粘液体質を助長する素材をおやつとしてあげていたことが分りました。それらを控えるようにアドバイスをしましたら、1か月もしないうちに「あれだけ悩んでいた副鼻腔炎が楽になりました!」との嬉しい声を頂きました。

 

私たちの身体は食べた物でできています。それは子供でも変わらないという事ですね。

 

不調にどう対処する?

身体に何らかの不快な症状が出た時、あなたはどのように対処するでしょうか?
お薬を飲みますか?病院に行って治療を受けますか?ハーブやアロマなどの自然療法を試してみますか?

様々な方法がありますが、ひょっとしたら、毎日無意識に、または「健康のために」と意識して食べているものを止めてみることで、その症状が緩和されることもあるかもしれません。

コロナの蔓延により、今までのように病院にも行きずらい昨今。病院に行かなくても自宅で症状に対処することができたらとても嬉しいですよね。

みなさまが、健やかな毎日をお過ごしになられますように。少しでも、この記事をご覧になった方々のお役に立てたなら幸いです。

花粉症に悩む方が多く、せっかくの暖かい春の季節を楽しめないのはとってももったいないですよね。

こんにちは。牧野 薫です。

 

巷では様々なデマ情報が流れています。

今回は、一体何が本当なのか分からないでいる方に、花粉症の原因と対策についてお伝えします。

 

 

花粉症はどうして起こるの?

花粉症はアレルギーのひとつですが、アレルギーのあるかたは腸壁に穴が開くことで起こる 『リーキーガット症候群』になっている可能性があります。

 

1.腸に炎症が起こる

2.炎症によって、腸に穴があく

3.穴から未消化物が血管に流れ出る

4.からだが未消化物を異物と判断

5.免疫機能が働く

6.アレルギーが発生

 

アレルギーはこのような流れで起こっています。

なのでまず 腸内の炎症をおさえる、腸内環境を整えることが大切なのです。

 

 腸の炎症を引き起こす原因

腸の炎症をひどくする原因は、砂糖です。

カナダ・アルバータ大学で行われた実験によると、砂糖を多く摂取したマウスは大腸炎がよりひど くなる結果が出ました。

しかも、実験した日数はたったの2日です。

砂糖をひかえて腸内環境を良くすることが、花粉症を楽にするポイントになります。

 

腸内環境を悪化させる砂糖

なぜ砂糖は腸内環境を悪化させるのでしょうか?

腸の中には『善玉菌』『悪玉菌』『日和見(ひよりみ)菌』の3つの菌が住みついています。

ご想像のとおり、悪玉菌が多いと腸の中は炎症症状が起こりやすくなります。 砂糖は悪玉菌の大好物。えさが多ければ炎症もひどくなりやすいのです。

 

 

腸内環境を整える! 今すぐできる7つの対処法

1.砂糖の多い食品を控える

お菓子やジュースなどをできるだけ控えます。また、食事に使う砂糖をミネラルやビタミンが含ま れているてんさい糖や黒砂糖など精製されていないものにすることもおすすめです。

 

2.薄味の食事にする

食事の味付けを薄く、甘みは本みりんで 味が濃い=砂糖の量も多いということ。素材の味を活かすような味付けにして、砂糖の代わりに本 みりんを使うようにしてみましょう。

 

3.乳酸菌のサプリメントを活用する

腸内環境を良くするには、善玉菌の数を腸内で優勢にする必要があります。乳酸菌がある程度の 量、大腸までしっかり届くサプリメントを使えると効果的です。

 

4.酵素を摂る

病気を治すときには酵素が必須です。酵素は果物や生野菜など、加熱されていないものや発酵食 品などに多く含まれています。

砂糖で発酵させた酵素ドリンクや化学調味料で味付けされた発酵していないキムチなどは、本末 転倒になってしまうので気をつけましょう。

 

 5.白米を玄米に変えてみる

悪玉菌のえさが砂糖なら、善玉菌のえさは食物繊維!白米は食物繊維がごっそり取り除かれてし まっています。

玄米は炭水化物をエネルギー源に変えるビタミンB1が豊富に含まれているため、代謝が上がりダ イエット効果も期待できます。

 

食物繊維が腸内のお掃除、デトックスもしてくれるので良いことだらけ!

炊飯器で炊くとあまり美味しくないのですが、圧力鍋で炊くととても美味しくできます。わたし は一度に多めに炊いて、1食分ずつに小分けし冷凍保存しています。

 

ネットで検索すると圧力鍋で玄米を美味しく炊くレシピが探せるので、ぜひやってみてくださ い。

玄米に変えることで得られるメリット、すごく多いです!

 

6.野菜を多く摂る

食物繊維効果で善玉菌のえさを増やし、腸内環境を整えてくれます。

 

7.ストレス発散

ストレスは腸内の炎症を増長させます。からだとこころの声をしっかり聞いて、つらかったらしっ かり休む!

がんばりすぎない、無理をしないことが大切です。

 

体質改善はコツコツ続けてはじめて効果が出ます。人のからだはやったことに対して必ず応える ようにできていますし、内側からの改善は病気そのものの根本から正していく本質的な方法です。

 

 

腸内環境の改善は花粉症だけではなく、こんなよい効果があります。

◎お肌の状態を良くする

◎細胞の糖化による老化を防ぐ

◎からだが冷えるのを防ぐ

◎太りにくくする

◎性格がおだやかになる

 

たくさんのメリットがあります。 ぜひ、今のつらい状況を改善するために試してみてくださいね!

 

「免疫ってどういう意味ですか?」と質問されるときちんと答えられますか?

美腸カウンセラーの田和璃佳(タワリカ)です。

免疫力が弱いと、風邪をひきやすくなる・・・というのはイメージしやす免疫力のことではないでしょうか?免疫という言葉はなんだか難しそうな気がしますが、つまり、病気に対する抵抗力を高めるはたらきのこと。

 

花粉が飛びはじめる春先や、秋などに目のかゆみやくしゃみ、鼻水などで悩まされる花粉症も免疫力が弱いのが原因です。花粉症はアレルギー症状の一種なので、アレルゲン(花粉)に対する抵抗力が弱まっている証拠です。

 

 

2人に1人発症している「アレルギー」は、現代病です

日本で初めてスギ花粉症の症例が認められたのは、1963年。今から約55年前のこと。その患者は、栃木県日光市に住む成人男性でした。

日光のスギ並木が植えられたのは、今から約400年近く前の17世紀前半、全長37km、約24000本です。もちろんそれ以前にも、日本にはたくさんのスギが植えられています。

人間の体は1万年前から変わっていません。つまり、スギ花粉は昔から飛散していたのにもかかわらず、昔の日本人はスギ花粉症にならなかったわけです。 ということから、逆説的に考えても、

昔の人には、スギ花粉を異物として排除する機能が体内に備わっていたというのが自然です。

 

1960年代半ばといえば、ちょうど結核や寄生虫の感染者が減り、清潔志向が高まっていく頃。それと、同時に、その他の花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー性疾患も猛威をふるいはじめた時期です。

 

清潔志向のいきすぎや、添加物で作られた体によくない食事、抗生物質の大量投与により、腸の中に棲んでいる大事な腸内細菌を減らしてきたことで、自分の免疫力が落ちて、アレルギー病を発症してきたのです。

 

 

 

 

抗生物質が免疫力を落とす!

風邪の時に病院で処方される抗生物質の作用は、細菌の活動を抑えることです。 しかし、

本来、抗生物質は細菌にしか効果がなく、たいていの風邪はウイルス性なので、抗生物質はまったく効かないのです。

 

なぜ風邪のときに医師が抗生物質を処方するかというと、抵抗力が弱っている時は、ほかの細菌の影響を受けやすいので感染症の予防という意味合いで処方されます。しかし、

風邪のときに抗生物質を使うと逆に、風邪が治りにくくなるうえに、体の免疫力が低下してしまうことが明らかになりました。

抗生物質は風邪の原因ウイルスに効かないばかりでなく、免疫システムに関わる他の菌にも作用して、その活動を抑制したり、腸内細菌のバランスを崩したりすることになるのです。

 

つまり、抗生物質によって腸内細菌が大幅に滅菌された結果、免疫システムが変調をきたし、アレルギー症状が誘発される危険があります。 しかも、

抗生物質を使いすぎると、美肌の元である皮膚常在菌や、大切な腸内細菌などの一部が「耐性菌」に変異する場合もあります。

 

 

食物アレルギーは腸の状態が原因

食物アレルギーは、お子様だけの問題ではありません。最近では、大人になってからアトピーや食物アレルギーになったいう方も多いです。

 

食物アレルギーが起こる発端は、原因食物のタンパク質を腸内でアミノ酸まで分解できず、タンパクのまま吸収してしまうことです。 それによって、抗体ができて、アレルギー症状が出現するのです。

乳幼児の場合には、母乳で免疫システムを整える前に、早くから離乳食を与えると、腸管を荒らしてしまった結果、卵などの食品のタンパクがそのまま吸収されてアレルギーを起こすのです。

 

大人になってから突然発現する場合には、腸の荒れているときに、ソバや牡蠣などの原因物質を食べたことが引き金になります。

 

 

免疫力を高めてアレルギーを改善する方法は

腸管は、人体最大の免疫器官でもあり、免疫力の約7割を腸内細菌たちがつくります。

発酵食品や食物繊維をしっかり食べて、数百種類といわれる腸内フローラ(腸内細菌叢)を育成し、腸内環境を改善することで、免疫力がアップし、抗アレルギー体質に変わっていきます。