こんにちは。ビューティープロデューサー メイクアップスペシャリストのLISAです。

 

ミセスのメイクにとってチークは欠くことのできないアイテムです。チークは、ポイントメイクとしては一番面積の大きいメイクパーツともいえます。

だからこそチークの入れ方・色の選び方一つで顔の印象は大きく変わります。

 

特にミセス世代は若いころと同じ入れ方、色選びではNGです。今回は、ミセスにふさわしいチーク術をご紹介いたします。

 

なぜチークを入れる必要がある?

チークを入れる理由

1.血色効果 (年齢とともにくすみが気になる肌に血色を与える)

2.リフトアップ効果 (目の錯覚を利用)

大きな目的はこの二つです。

 

この効果からさらに

3.ほうれい腺を目立たなくさせる (視線をづらす)

4.毛穴を目立たなくさせる (血色による美肌効果により)

5.アイシャドウ・リップなどの色が生える(血色効果により)

6.健康的・幸せそうな肌に見せることができる(血色効果により)

 

などなど、ミセスにとって嬉しい効果が盛りだくさんなのです。

元々赤ら顔、頬に赤みがある方以外は、チークはミセスにとって必要不可欠なアイテムです!!

 

 

ミセスのためのチークの入れ方

チークの種類

1.練状のチーク (クリーム状のチークをまず仕込みます。頬の低い位置に仕込むので、ここでは補正チークと呼びます。)

2.パウダータイプのチーク (仕上げにふわっと頬に纏います)

 

練チークは、すでに練状で販売されているものでもよいですが、ボリュームを与えるという意味では使っているファンデーションや下地にパウダータイプのチークを手の甲で混ぜてオリジナルの練チークを作ると、不思議なくらい肌に馴染みとっても美しいオリジナルの練チークができます。

 

 

オリジナル練チーク 補正チークのおすすめカラー

手の甲で混ぜる時のパウダーチークのおすすめカラーは、血液に近い色。

赤や濃いピンクがおすすめです。

血液に近い色を選ぶことで内側から発色しているような自然な色を作ることができます。

 

補正チークの入れる位置

ミセス世代になると笑ったところにチークをつけると、残念ながら頬が昔より下がっているため頬が下がって見えてしまいます。

そこで・・・!!昔は頬の高い位置はどこだったかを探します。そして頬の低くなっているポイントをみつけたら、そこに練状チークをトントンとおいて優しく広げていきます。

チークの置いた位置がボリュームを持ち、ふっくらみせることができるので、この位置決めがかなり大切な工程になります。

ふっくら幸せ肌を作るためには、どこにボリュームを作りたいか。ボリュームが必要は部分はどこなのか。

まずはご自身の顔をチェックして下さい。それを知る事が大切です。

 

仕上げにパウダーチークを

ミセスのおすすめはピンクのパウダーチークを仕上げに使うのがおススメです。

補正チークで低い所にボリュームを作ったら最後はふわっとパウダーチークを重ねます。

その方の肌の色によっておすすめの色は変わりますが、ミセスのおすすめはくすみ感のないピンク!!昔は可愛すぎて使えなかった、え!?こんなピンク!?!?というくらいのピンクでも大丈夫です。

 

ミセスの土台の引き上げのためにはピンクの力は必要なのです!

 

 

チークはメイクの中で一番簡単にできるホーム整形

入れ方・色選びなどポイントがいくつかあるチークですが、メイクの中で一番、自然にかつ若返りできるのがチークです。お家で簡単、自分で整形できちゃうアイテムのなのです!

 

毎日メイクの時は、自分でリフトアップ!!整形しちゃうぞ!とうい楽しい気持ちでメイクしてみて下さい。

楽しくメイクしたお肌は血色感に満ち溢れていて、あなたを幸せに見せてくれるはずです。

 

女性はお肌がきれいになれば、心も体も軽くそれだけで幸せな気持ちになれるもの。

きっとあなたの背中を押してくれます。

 

チークは心躍るような可愛い夢のようなコスメもいっぱいあります。そんなコスメを見たり、使ったり、お部屋に飾っているだけでも特別な女性になれた気持ちになります。

そんな気持ちが女性ホルモンを活発にすることもできるのです。

 

人は必ず、その人それぞれの良い所が必ず存在します。メイクはそれを見つけて引き出す事が大切。

骨格も頬の位置も肌の色も・・・みんな違うので、みなさんもご自身のお顔の特徴を研究してみてくださいね。

難しいという方はプライベートのメイクレッスンがおすすめです。

心からのアドバイスをさせていただきます。

 

ミセスのためのチークの入れ方・色選びのご紹介でした。コスメ選びも合わせて楽しんでくださいね。