キレイな手になりたい!!でも何からどうすればいいの!?

顔のケアは入念にしているのに、手は何もしていない…という方も多いと思います。

こんにちは。ハンドビューティーコンサルタント(手の若返りのプロ)の山田 友佳です。

手には年齢が出ると言われていますが、ケアはハンドクリームを塗る程度という方がほとんどです。40代前後で、手のシミ、シワ、くすみ、血管の浮きなどが目立ってきます。顔は化粧でカバーできるのに、スッピンの手はごまかせませんよね。生活感も出るし、女性としての美意識までバレてしまいます。

指先までケアが行き届き、いつまでも美しくいたいものです。

今回は、手の老化の原因と対策についてお伝えします。

 

手の老化の原因

手の老化の外的要因

手を老化させる主な外的要因がこちらの3つです!

  1. 紫外線(シミ、しわ、くすみ、たるみ)
  2. 乾燥(小じわ、バリア機能の低下)
  3. 摩擦(黒ずみ、肌のごわつき)

この3つを避けるようにすれば、手肌の美しさを保つ事につながります。

それでは、具体的なケア方法をお伝えしていきます。

 

手の老化防止の対策

1.紫外線

肌老化の約70%が紫外線によるものだと言われています。紫外線を浴びた肌は、シミやくすみなどの肌表面だけでなく、肌の中のコラーゲンが破壊されハリ弾力も失われます。紫外線を防ぐだけで、かなりのアンチエイジング効果です。

 

手の紫外線対策に日焼け止めを塗るよりも大切な事があります。それは、手の甲を紫外線に当てない事です。

日焼け止めを塗って、安心して日光に当たってしまうと、日焼け止めも100%紫外線を防げるわけではないので、ダメージは蓄積してしまいます。

 

手の甲に紫外線が当たりそうになったら、手のひらを日光に向けて、意識的に手の甲を守ります!

シミやシワの目立ちやすい手の甲を守るために、いつでもどこでもできる紫外線対策です!

これが基本で、プラス日焼け止め、アームカバー、手袋などで守っていきます。

 

2.乾燥

とにかく化粧水をしっかりつける事が大切です。

高い化粧水をたっぷり使うのは気が引けますよね。自分の肌に合う、惜しみなくたっぷり使える化粧水で大丈夫です。指の間、手首までしっかりつけて、そのあとオイルやクリームで水分を閉じ込めます。

 
また、保湿だけでなく、乾燥しない状態を維持するのも大切です。
 

普段の生活で、一番乾燥を招くのは、食器洗いです。そのほか、お風呂を掃除する時など、水と洗剤に触れる時は、ゴム手袋を使うようにしましょう。
特に皆さんが忘れがちなのが、洗濯物を干すときです。服に残った洗剤が、気づかぬうちに手荒れの原因になっている事がよくあります。

 

3.摩擦

見落とされがちですが、肌にとって摩擦は、乾燥、黒ずみ、ごわつきなどを引き起こす原因になります。タオルでゴシゴシ拭いたり、カバンの中をガサゴソ探し物をしたり、ちょっとしたことですが、日々の積み重ねなので、気をつけるのとしないのでは、大きな差になってきます。

 

 

これらが外側からのケアで、いますぐに出来る事です。

美しい手になるには、これらの外側からのケアだけでなく、内側からのケアが重要です。

手が乾燥しないような食事や指先まで血流を促す生活習慣です。手の若返りには、肌細胞や毛細血管から作り上げることが重要です。

健康な細胞や血管は、睡眠中に生まれ変わります。睡眠中に分泌される成長ホルモンなどによって、細胞が修復・再生されます。そのホルモンは、日中の適度な運動によって分泌が促進されます。基本はやっぱり、食事、睡眠、運動という事です。

手のケアの内側からのケアについては、また別の機会にお伝えします。

 

一人ひとり、生活習慣、仕事内容、性格が違ってくるので、私はハンドビューティーコンサルタントとして、しっかりカウンセリングした後に一人ひとりに合わせたアドバイスをさせて頂きます!

こんにちは。日本ハンドビューティー協会 代表理事の加藤由利子です。

先日、あるフリーアナウンサーの方をTVで見ました。「グレーヘアで大人の色気があって素敵」と思って見ていましたが、手に目が釘付けになりました。

 

 

指が変形して、「おばあちゃんみたいな手」だったのです。

年齢を調べると、まだ51歳。

 

おばあちゃんのような手になるには、早すぎる。

 

手の乾燥や、シミ、シワなど様々なお悩みがあると思いますが、その中でも、指が変形していると、一気に老けた手に見えてしまいます。

指の変形には様々な要因があると言われていますが、その中の一つがコレです。

 

指はなぜ曲がる?

50歳前後の女性の指の変形で多いのが、「へバーデン結節」「ブシャール結節」という指の関節の老化症状です。

病院で検査をすると、老化だから治す事ができないと言われて、痛み止めを処方されて終わる事が多いです。

 

 

これらは、「変形関節症」という軟骨の老化によるものだと言われています。

「変形関節症」は、膝軟骨や半月板がすり減って歩きづらくなるというのはよく聞きますが、膝軟骨だけでなく、指の軟骨でも起こります。

指は膝のように体重がかからないので、痛くて歩けないなど、重症にはならないため、見た目は悪いけど仕方がない、と諦めている人も多いです。

 

このような関節の変形には、「糖化」が大きく関わっている事が分かっています。

 

「糖化」とは?

最近、老化の原因の一つとして、「糖化」という言葉をよく耳にします。糖化とは、タンパク質と糖質が結びつき、タンパク質が劣化することを言います。糖化したタンパク質からは、「AGE」というたんぱく質を攻撃し、機能を低下させる物質が作られます。このAGEが老化を促進させます。

 

AGEの害を受けやすいタンパク質の一つに、「コラーゲン繊維」があります。

AGEは、コラーゲンにくっつき、硬くなるため、弾力を失います。そして、新陳代謝ができなくなり、古い干からびたコラーゲンをずっと体内にとどめてしまう事になります。

 

 

AGEが軟骨を老化させる

関節の中の軟骨はコラーゲンでできているため、AGEが体内で大量発生すれば、その分、老化が進み、関節のトラブルも増えてきます。

コラーゲンの寿命は、それぞれ異なります。例えば、

皮膚や血管のコラーゲンの寿命は15年と言われていますが、軟骨のコラーゲンの寿命は100年以上ととても長いです。

つまり、一生涯軟骨のコラーゲンは生まれ変わらないため、日々AGEが溜まり続けます。これらが変形関節症の引き金となると言われています。

 

恐ろしいことに、一度生まれたAGEが、元のタンパク質と糖質に戻る事はないそうです。AGEが発生しない、糖化を予防する食生活や生活習慣を身に着けていくことが、指の変形防止に繋がります。

 

手のケアと言えば、みなさん当たり前にハンドクリームをお使いだと思います。

特に寒い季節になると、ハンドクリームが手放せないですよね。

手が乾燥すると、肌のターンオーバーが遅くなり、くすみ、シワ、しみができやすくなります。
そういった手の老化の症状を防ぐためにも、ハンドクリームは必需品です。

しかしハンドクリームはその成分によっては、手がくすみやすくなるって知っていましたか? 

あなたが使っているハンドクリーム、大丈夫ですか!?

 

ハンドクリームはものによっては、 『油焼け』をし、手のくすみを引き起こします

 

 

油焼けとは?

油焼けとは、肌についた油分が、紫外線を受けて酸化してしまい、それによって肌がくすんだり、色素沈着を起こす現象のことを言います。

 

 

ハンドクリームで油焼けをするワケ

ハンドクリームに含まれている成分で、油やけしやすいものが含まれている場合があります。

ただし、これらの成分が含まれていても、対策をすれば問題ないので、あまり過敏になりすぎないようにしましょう。

 

油焼けしやすい成分

1.ワセリン

ワセリンは、高い保湿力があり、価格もお手頃のため、多くのハンドクリームに使われています。

しかし、

ワセリンは強い紫外線を受け続けると、油焼けをしてしまう事があります。

 

 

2.油焼けしやすいオイル

ワセリン以外にも、油焼けしやすいオイルが、ハンドクリームには使われている事があります。

不純物が入っていて、あまり精度の高くないオイルが使われていると、油焼けがしやすいと言われています。値段が安いというだけで、ハンドクリームを選ぶと、このようなオイルが使用されている可能性もあります。

 

参考までに、酸化して油やけしやすいオイルと、しにくいオイルをご紹介します。

 

酸化しやすいオイル

 

酸化しづらいオイル

 

ハンドクリームやボディクリームで、よく馬油が使われているものがあります。
実は、馬油は酸化しやすいオイルだったのです。

 

ここまでお話すると、これらの成分が入っているハンドクリームをすぐにゴミ箱に捨ててしまう人もいるかもしれません。

油やけしやすいワセリンや、酸化しやすいオイルが使われているからといって、必ず油焼けが起こるわけではありません。

ちゃんと対策をすることで、これらの成分の保湿力は維持しながら、油やけを防いで、手肌のシミやくすみを予防することはできます。

 

次回は、ハンドクリームの油やけを防ぐ方法をお伝えします。

お楽しみに。