なかなか落ちない”背中の脂肪”。ブラをつけた際に、ぶにっと脂肪がのっていると服を着たときにもその身体のラインが出てしまいますよね…。

年齢を重ねるごとにたくましくなる背中は運動してもなかなかスッキリせず、お困りの方が多いのではないでしょうか?

ブラジャーからはみ出た、その背中の脂肪は、もしかすると、ブラジャーが合っていないのが原因かもしれません。

 

こんにちは。美バストコンサルタント、オーダーランジェリーフィッターの 根本三津葉 です。

 

今回は、背中の脂肪がはみ出ないよう、正しいブラジャーの選び方についてお伝えします。

 

 

”背中の脂肪”とブラジャーの関係

みなさん、一度は聞いたことがある「二の腕・背中の脂肪は胸にいく」と言うお話ですが、ご自身に合ってないブラジャーをつけ続けると本来、胸にあるべき脂肪が歪んで背中や二の腕をたくましくさせてしまいます。

また、本来まるいバストラインを崩して離れ乳や垂れ乳にもしてしまうのです。

 

背中の脂肪とブラジャー。

一見、関係がないように感じますが、毎日、身体にぴったりと密着してつけるものつけるものなので、本来バストを整えるためにつけるブラジャーが逆補正となることがあります。間違ったブラジャーを着ける事で、本来バストにあるべき脂肪が背中に逃げていってしまうのです。

 

実際に自分のブラが合っているか、合っていないのかどうかわからない方のために、ブラジャーチェック表でチェックしてみましょう。

 

ブラジャーチェック表

◻︎ワイヤーが刺さって痛い
◻︎キツめのブラが好き
◻︎肩紐が落ちてくる
◻︎ブラがズレたり浮いたりする
◻︎脇のハミ肉が気になる
◻︎着けててなんかしっくりこない
◻︎カップの上部が浮いてしまう
◻︎背中がブラの上に脂肪がのる

こちらいくつ、当てはまりましたでしょうか?

1つでも当てはまる項目がある方は、ブラが合っていない可能性が高いです。

 

自分に合っているブラジャーをつけていると、つけ心地に違和感はなく、楽で、バストラインも綺麗なのです。

逆に、つけているときに違和感や不快感があるものは、ご自身の身体に合っていないのです。

また、1年以上ブラを新調してない方は、ブラが伸びてしまっていたり、ワイヤーが歪んでいる可能性もあります。

生活環境は変わっていなくても日々、身体は変化しているものなので、体型も変わっていることも考えられます。1年以上、同じブラジャーを使っている方は新調するのをオススメします。

 

自分に合った正しいブラの選び方

『トップとアンダーの差で○カップ』と、選ぶ方も多いかと思うのです。

実は、それで選んでしまうと、骨格やバージスライン(バストの輪郭)は人それぞれ違うので、ブラのサイズがアンマッチになってしまうことが多いのです。

 

<自分に合ったブラ選びのポイント>

1.ヌードで採寸

ブラジャーは服の上や下着の上からするものではありません。ですので、ヌードの状態で採寸しないときちんとした寸法が出せないのです。

ポイントは大きく深呼吸をして、3秒後くらいの寸法を見てあげることです。

そうすると、リラックスした状態の寸法を測ることができます。

 

2.ブラジャーのアンダーのサイズは実寸よりも大きいものを

ブラジャーのアンダーを選ぶ際は、ヌードで採寸したアンダーバスト(バストの一番低い部分)の実寸よりも大きいサイズのものを選ぶようにしてください。

ここで実寸よりも小さいサイズを選んでしまうと、離れ乳の原因にもなりますし、本来バストにあるべき脂肪をギュッと背中にやってしまうことになるのです。

例えば
ヌードの実寸が73cmだったら75cmのアンダーのブラジャーを、
ヌードの実寸が77cmだったら80cmのアンダーのブラジャーを選びましょう。

 

3.カップサイズの選び方

カップを選ぶ際は、”ワイヤーの大きさ”がとても重要になってきます。

脇のすぐ下から胸の真ん中までバージスラインをしっかり覆うようなワイヤーを選びましょう。

カップ選び(ワイヤー選び)は実際にバストに当ててみたり、試着してみないとわからないものです。

ファッション性だけで選ぶブラジャーだったら試着しなくても良いですが、機能性も兼ね備えるブラジャーを選ぶならキチンと試着するのをオススメします。

 

サイズを決めつけないで

最後に、ブラのサイズを選ぶ際に気をつけて欲しいポイントは『自分はこのサイズ!』と決めつけないことです。

同じメーカーでもデザインが異なれば、サイズが変わる可能性はあります。

ブランドが異なれば、アンダーもカップサイズも3サイズくらいは変わることがあるので、「ここのメーカーでは○サイズだったのに、ここのメーカーではしっくりこない。」と言うことがあっても気にせず、ご自身にしっくりくる方のサイズを選びましょう。

いつもより大きいサイズを買うのはちょっと恥ずかしい。とか、太ってないのに、大きいサイズを買うのに抵抗がある。と感じてしまう方もいるかもしれませんが、あまり気にせず、ご自身に合ったブラジャーを選ぶようにしてあげましょう。

 

自分に合ったブラジャーをつけることができると、バストの下垂をや形を崩すのを防いでくれるのはもちろん、背中や脇のハミ肉もすっきりと見えます。また、ご自身に合ったブラをつけると背中に流れてしまった脂肪もバストに戻ってきて、背中のもたつきもすっきりするし、バストの形も整ってきます。

 

背中は自分では見えないけれど、人からは目につくところで大きく印象づける部位です。

エクササイズしてもなかなか背中の贅肉が’落ちない!という方は、今つけているブラジャーを見直してみてください。
ご自身に合ったブラをつけて背中もすっきりな美バストを手にいれましょう。