こんにちは。自分だけの香り、天然100%のオリジナル香水を調合する《Atelierシアージュトーンの代表》フレグランスデザイナーの千村啓子です。

《アロマフレグランス調律協会理事・関西認定校講師》

 

「香りが好き。香りをまとっていたい。でも市販の香水は臭くて苦手・・・。いい匂いがするねって言われたいのに、香りが強すぎてつけられないんです」

そういってワークショップやアロマフレグランスの調香体験レッスンを受講される女性(男性も)が大勢いらっしゃいます。

 

“匂いが好きなのに好きな世界を日常で楽しめない“
”職場の女性がつけてくる香水に悩まされて辛い“
”香りで他人に迷惑をかけたくない“

など、香りについて困っている状況が身近にありませんか?

近年、香り・匂いが注目され、柔軟剤はじめ多くの製品に香り付けが過剰にされていることもあって、“芳香剤や柔軟剤の香りは刺すようにキツくて怖い” と、香りによって気分が悪くなったり、頭痛やアレルギーを発症する香害(こうがい)という健康被害にまで及んでいます。

「香水に不快な気分になった人はかなり多め!」という香り好きには非常に残念な調査結果も発表されていました。

 

 

 天然香料と合成香料の違い

一般的に「香料」と言われるものには、天然の素材から抽出される「天然香料」と、人工的に合成して造られる「合成香料」があります。

天然香料は、天然の植物などから抽出した香りです。自然の優しいエネルギーが生み出す香りは、心身にも優しく溶け込み、穏やかに香りの効能が得られます。こちらは『アロマテラピー』として取り入れられていますね。

アロマテラピーとは、「植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法」です。

一方、合成香料は石油などの原料を化学的に合成して、人工的に精製・製造された香料です。ベンゼンやアセチレンなど基礎的な化学物質から作り出し、香り物質を得ることさえできれば原料に制限はないそうです。

自然界にない香りを造り出したものですから、柔軟剤の香りや様々な芳香剤、香水など、身につけられない方がおられるのも理解できますね。

このように比較すると、合成香料はなんとなく“心地いい”感覚とは離れているように感じられます。

それなら!! 天然香料の香水があればどうでしょうか?!

 

 

自分に合う、人を不快にしない香り

100%天然のエッセンシャルオイルでつくる天然香水(ナチュラルフレグランス)があれば、毎日香りをまとい、自分とシンクロする香りを身につけていられます!

愛らしいデザインの香水瓶の中には、調香した天然オリジナルMYフレグランスが入っています。

 

天然フレグランスにできること

天然で創る香りは、自分自身を高め、数えきれないストレスを抱える時代に、様々なシーンで効果を発揮してくれます。

何よりも、自分自身に寄り添ってくれるから、モチベーションをUPしたいときはもちろん、リセット・チェンジ・覚醒・鎮静、そして瞑想・・・と、スイッチングには絶大なパワーを授けてくれます。

 

 

自分の好みでブレンド調合してみませんか?

Atelierシアージュトーンでは、スポイト一滴一滴の調合で今まで出会ったことのない美しい香りを一緒に探していきます。

アロマフレグランス調合なら、一般的にアロマテラピーやトリートメントで使用しない希少な香料も使用し、奥深い特別な香水をつくることが可能です!!

市販の香水のような香りなのに、アロマテラピー効果があって癒されて、「いい匂いがする」女性になれるなんて、わくわくしませんか?

香りのピラミッドから成る”感性のフレグランス”にまだ見ぬ未来のイメージを映して…自然の潤いを感じてください。

 

『甦れ 恋心』

香りで心を整えて、もう一度恋をする・・・

あの頃の感性だって手に入るはず。

「もう恋はできない、なんて言わないで」

 

自分の手で導いた香りは、時に自分の物足りなさを埋めるように…あなたを包み、味方となり、あなたを引き上げてくれるから。

 

何十種類もの香りがひとつになる感動にときめく天然香水を一緒にみつけませんか。