手が冷たい人は、手の老化が進むってご存知でしょうか?

 

こんにちは。日本ハンドビューティー協会 代表理事の 加藤由利子 です。

 

最近寒くなってきて、手足が冷えますよね。

昔から「手が冷たい人は心が温かい」と言われていますが、それは迷信です。

正しくは 「手が冷たい人は、血行不良で手の老化が進む」 です。

 

女性は末端冷え性で手が冷たい方が多いです。手が冷たいという事は、末端まで血流が巡っていません。

体は使わない部位は退化していきます。

例えば、寝たきりになると、ますます歩けなくなります。それと同じように、 血行不良で長期間血液が行き届かない状態が続くと、血管は退化し、手肌は急激に衰えて老化していきます。

 

手を温めるだけで、血液が巡り、手の老化を防ぐことができます。

今回は、冷え性で手先が冷たい方におススメの、「手がポカポカになる魔法のドリンク」をご紹介します。

 

 

手がポカポカになる魔法のドリンク

手が冷たくなると、爪は青紫色になり、手肌も青黒くくすみます。仕事中にオフィスでも簡単に飲める手が温まる 「しょうが紅茶」を飲むとよいでしょう。

 

 

しょうが紅茶の作り方

【材料】

チューブしょうが

紅茶パック

お湯

(甘さが必要な方は)はちみつ、オリゴ糖、または黒糖

 

【作り方】

 

紅茶には利尿作用があり、老廃物を外に出してくれる働きがあります。その紅茶にしょうがを入れて飲むことで、体を内側から温めて、さらに余分な老廃物や水分を体外に出してくれるので、手は温かくなるし、むくみが取れます。

 

 

しょうが紅茶を飲むときの注意点

紅茶にはカフェインが入っています。飲みすぎると夜の睡眠に影響が出ます。

特に、コーヒーを常飲している方は、コーヒーとしょうが紅茶の両方を飲む場合、合計で3杯までにしましょう。そのほかの水分補給は常温の水や白湯を飲みましょう。

 

コーヒーやしょうが紅茶など、カフェインの入っているドリンクを飲む時は、18時より前に飲むようにしましょう。

18時以降は、ハーブティーや白湯など、カフェインの入っていないドリンクを飲みましょう。

 

しょうが紅茶を飲んだ後は、手が温まってくるのでハンドクリームを塗ると効果的です。

手が温かくなるとハンドクリームの伸びが良くなり、有効成分が浸透しやすくなります。