こんにちは。日本ハンドビューティー協会 代表理事の 加藤由利子 です。

 

冬は手の冷えと乾燥で、急に手肌の老化が進む季節です。

手の乾燥ケアに、ハンドクリームを使う方も多いと思います。

ハンドクリームのような体の外側からのケアだけでなく、食べ物のように体の内側からのケアする事で、ダブルパンチで効いて、手の老化のスピードを遅らせる事ができます。

 

今回は、手肌の若返りに効果的な食べ物についてお伝えします。

 

 

手の老化の原因

手の乾燥、シミ、しわ、くすみ、血管の浮き、指の関節が太くなる、爪が脆くなる、など、様々な手のお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

多くの方が、その原因が何なのかわからず、なんとなく、シミは紫外線が原因で、乾燥は食器洗剤が原因で、などと想像して、日焼け止めを塗ってみたり、手袋をしてお皿を洗ってみたりしています。

そして、原因の分からない症状に対しては、「年だから仕方がない」と諦めています。

 

確かに、水仕事の多い人は手荒れをしやすいなど、人によって生活環境で手の症状は変わってきます。しかし、すべての手の老化症状の根本の原因は、血行不良です。

 

手は体の末端にあり、冷えなどで血流が行き届きづらいパーツです。

血液がうまく届かない状態が続くと、手肌のターンオーバーは乱れ、角質は溜まり、手肌はくすみ、シミ、シワ、乾燥など様々な手の老化の症状が出てきます。

 

この血流を手先に促すような食事や生活習慣をすることで、手肌の若返りに影響します。

 

 

手を若返らせるスーパーフードとは?

手の若返りに効果的な食べ物はたくさんありますが、その中でも代表的なものを2つご紹介します。

 

手の若返り食材1:青魚

イワシやサバ、アジといった青魚には、DHAとEPAという血管によい油がたくさん含まれています。

これらの油は、余分な中性脂肪やコレステロールの代謝を促し、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防する働きがあります。また、血圧を下げたり、食後の血糖値さげるインスリンというホルモンの分泌を促進させます。

 

肉や加工品に含まれる悪い脂肪分のように体内で固まる事なく、逆に血管内にこびりついた老廃物や毒素をきれいに流して排出してくれます。血液中の脂質を下げて、手や髪の毛などの体の末端にまで栄養をしっかり届けてくれます。

DHAとEPAは体内で合成することができないため、魚を食べる習慣はとても重要です。

 

 

青魚をうまく摂り入れるコツ

青魚が苦手な方は、白身魚でも問題ありません。青魚の方が、DHAやEPAは含まれていますが、白身魚にも含まれています。

なかなか魚を摂る機会が少ないという方におススメなのが、『かつお節』です。

ご飯やおかず、お味噌汁など、なんでもかければいいだけです。そして、かつお節をかけると、お醤油や塩などを少し減らしても旨味を感じるので、塩分の摂りすぎ予防もできます。(塩分の摂りすぎは、血圧をあげるため、血流にも悪影響です)

 

青魚に加え、手肌の若返りに効果的な食べ物は、「大豆製品」です。

 

手の若返り食材2:大豆製品

大豆はコレステロールがゼロで、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含む食材です。

血液をサラサラにし、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれます。大豆のような良質なタンパク質を摂る事で、血管の細胞が丈夫に生まれ変わります。

 

 

大豆製品をうまく摂り入れるコツ

コンビニの食事を摂る機会の多い方は、お弁当に冷奴やお味噌汁、枝豆、豆乳、納豆などを1品追加するだけで、気軽に大豆を摂る事が出来ます。

間食がやめられないという方は、最近では大豆のおつまみも簡単に手に入ります。

お料理をされる方には、おからパウダーも使い勝手がよいです。ハンバーグ、ホワイトソース、ヨーグルト、様々な食材にちょっと入れるだけで、料理の味の邪魔をしません。

大豆自体は強い風味がある食材ではないので、ちょい足しをして使うと毎日摂取するのに、それほど苦労しなくなります。

 

手の若返り食材は、青魚と大豆です。ここまでで、どうやら手の若返りには、和食がよさそうだというのがお分かりになったと思います。

 

 

肌のターンオーバーは約28日と言われていますが、手肌は血行が悪いため、3倍以上ゆっくり時間をかけてターンオーバーをしていく方もいます。まずは血流を良くして、手肌のターンオーバーを上げていくことが、手肌の若返りに繋がります。

青魚や大豆製品を食べるような食習慣に変えると、血流が促され、少しずつ手肌にも変化が現れてきます。

 

体の内側から手肌のケアをする事で、手の老化の根本原因を改善し、ずっと美しい手肌を手に入れる事ができます。