顔のシワとたるみの原因は、肌ではなく骨にあり?

顔のシワとたるみの原因は、肌ではなく骨にあり?

ホリスティック薬剤師の宮本知明です。 私は薬剤師でありながら、薬を減らす啓蒙活動をしています。薬で症状を抑える医療には限界があると感じ、自己治癒力を高めて病気にならない体つくりの指導をしています。 そんな仕事柄か、表面的な美よりも、健康な体から作られる美しさに魅力を感じます。 私のような男性から女性に対して年齢を聞く事はできません。そのため、男性は常に女性の年齢を、その人の見た目から推測するしかありません。 もちろんスキンケアによって若々しい肌をキープする事は大切ですが、肌の内側からケアをしている女性は、実年齢よりも若く見える事が多いと感じています。 美肌のためにケアが必要なパーツで、あまり知られていないのが、「骨」です。顔のシワやたるみは、実は骨の老化によって引き起こされている事があります。    

たるみとシワの原因は骨にあった

女性のなりやすい骨の病気といえば「骨粗鬆症」という骨の中身が次第にスカスカになっていく病気があります。その原因は、閉経による女性ホルモンの減少が考えられます。女性ホルモンの低下は、体に様々な影響を及ぼしますが、その中でも、頭の骨、つまり頭蓋骨がやせ細るというのは知られていません。 特に、目の周り、頬、上顎の骨への影響が顕著にでます。また、下顎の骨が委縮し、フェイスラインが崩れます。   このように顔の皮膚と筋肉の中心にある頭蓋骨が小さくなることで、覆っている皮膚と筋肉に隙間ができ、たるみができます。そのたるんだ部分からシワになりやすくなります。    

閉経前から骨密度を意識した対策を

女性ホルモンの減少によって、骨粗鬆症を始め、骨に影響が出ます。それによって、顔のたるみやシワもできやすくなります。 閉経して顔にたるみができてから、ハリに効果的な化粧品で対策するのではなく、閉経前から対策をしておくとよいでしょう。 女性ホルモン減退による骨への影響に対しては、以下のような栄養素が効果的です。  

■エクオール

大豆、レッドクローバーに含まれているイソフラボンが、腸内細菌によって代謝されて産生するのが「エクオール」です。 エクオールには、女性ホルモン様作用があり、閉経前後の女性ホルモンの急激な減少を抑え、骨の形成にも作用してくれます。しかし、このエクオールは、腸内細菌に産生できる菌がいないといくらイソフラボンを摂取してもエクオールになりません。 日本人女性の2人に1人にエクオール産生菌がいると言われており、腸内細菌検査で調べる必要があります。最近では、エクオールそのものを摂取できるサプリメントもありますので、そちらを用いることで自分の腸内細菌に関係なくエクオールの効果を感じることができるでしょう。  

■ビタミンD

骨を強くするビタミンといえばビタミンDが一番有名です。骨粗鬆症予防にも注目がされておりますので、頭蓋骨の骨の萎縮も予防できるでしょう。 ビタミンDは、人が自ら産生できるビタミンとしても有名です。ビタミンDを作るには紫外線が必要になります。しかし、女性の場合は紫外線対策をしている方が多いため、ビタミンDを生成する量の紫外線が不足していることがあります。 ビタミンDのサプリメントを摂取するために、肝油ドロップも注目されています。肝油ドロップの場合、ビタミンDだけでなくビタミンA、DHA、EPAと健康だけでなく肌にも良い成分がまとまって摂取できます。    

■マグネシウム

骨の構成成分の半分はマグネシウムでできています。また、マグネシウムは骨だけでなく、体に必要なミネラルの一つでもあります。 マグネシウムを摂取する時は、カルシウムと一緒に摂る方が効果的です。 骨を強くするにはカルシウムと思われがちですが、実はカルシウムを取りすぎると逆にマグネシウムが減少してしまい、骨が弱くなることも分かってきました。カルシウムとマグネシウムが2:1くらいの摂取を心がけましょう。 最近、注目されているケイ素を含んだシリカ水もカルシウムとマグネシウムを程よく含んでいるため骨形成だけでなく、美容でも効率よくミネラルを補給できます。  

■コラーゲン

骨の20%は、タンパク質の一種であるコラーゲンによって構成されています。コラーゲンは美肌だけでなく、骨にとっても効果的です。さらにコラーゲンは、前述したビタミンD、マグネシウムと連携して骨を形成するために必要な材料です。骨がしっかり出来上がるようになれば、肌の方へコラーゲンが使われるようになります。  

■ビタミンC

高濃度のビタミンC点滴が、アンチエイジングの業界でも注目されるようになりました。ビタミンCには、肌の美白効果だけでなく、抗ストレス作用や免疫力の向上といった健康にも良い効果が期待されています。ビタミンCは、肌だけでなく、骨の形成にも大切な栄養素と言えます。 自宅でビタミンCを摂取する際には、30分後にはビタミンCが最高血中濃度から低下してしまうものが多いので、1gを1時間ごとに服用することが必要になってきます。 最近では、1回の服用で欲しい血液中のビタミンCの濃度を長く維持できるようなサプリメントも登場しています。「リポソームビタミンC」や「2段階放出型ビタミンC」など  

まとめ

健康な体があって初めて、美しい肌が作られます。健康な体の土台となる「骨」が老化すると、肌にたるみやシワを引き起こします。また、それらは見た目年齢にも大きく影響します。特に、骨は閉経前後の女性ホルモンが減退する時をキッカケに急激に老化が始まります。閉経前から、骨に必要な栄養を補充しておくことで、老化のスピードを遅らせることができます。 薬を使わないホリスティックな薬剤師として、世間ではあまり知られていない骨に必要な栄養素についてお話をさせていただきました。      

nana
宮本 知明
ホリスティック薬剤師