イライラする。

不安になる。

やる気が出ない。

 

「もしかして、私、うつなのかしら?」

「最近、仕事が忙しくて、ストレスが溜まってるのかな?」

 

このように、不安になる方もいるかもしれません。

こういった心の不安定は、精神的なものよりも、ホルモンが原因で起こることがあります。

ホルモンと言うと分かりづらいかもしれませんが、最近は、PMS(月経前症候群)という言葉で表現される事が多いです。

 

 

こんにちは。ハーブティーブレンダー&カウンセラーの桝井愛祐子です。

私は普段、ホルモンバランスを乱して、PMSに悩む女性の相談に乗る事がとても多いです。悩みを抱える女性達の多くが、その原因が分からず、不安と戦っていらっしゃいます。

あなたの心の不安定がPMSの場合、どのように対応したらよいかをご紹介します。

 

 

PMSってなに?

日本ではPMSの認知度も低く、症状が様々で個人差もあるので、気がついていない方がとても多いです。

 

PMSとは「Premenstrual Syndrome」の略で、「月経前症候群」と言います。

月経開始の約3日~10日前に起こる精神的又は身体的に起こる症状の事です。

女性の70~80%の方にあると言われています。

 

原因は諸説ありますが、ホルモンバランスの変化だという考えが一般的です。

 

その症状は150種類以上とも200種類以上あるとも言われ、同じ人でも、毎月症状が違う…なんていう事もあります。

症状が出ていても忙しさのせいだと思っていたり、自分の性格だと思って気がついていない女性もとても多いです。

 

 

PMSチェック

あなたはこんな経験はありませんか?

 

これらの症状が1つでも当てはまる方は、その症状が決まって現れる時期について思い出してください。

もし、いつも決まって生理前に現れるようであれば、あなたの心の不安定は、PMSの可能性があります。

 

現代の女性はとても頑張っています。

 

 

自分を責めないで

PMS傾向が強い方の特徴として、「まじめで几帳面、完璧主義、我慢してしまう、ストレスがある」などがあげられます。PMSの方は、辛い時でも無理をしがちです。

 

仕事や家事が忙しくて、自分のことは後回し…

忙しいから疲れていて彼や旦那様、子供に当たってしまう

 

そして後悔して、「私はなんてダメなんだ・・・」と自己嫌悪に陥る。

 

イライラして、家族や周りの人に当たってしまうのも、あなたのせいではありません。

あなたはもう十分頑張っています。自分を責めないでください。

 

PMSの対策

PMSの時期は、情緒不安定になったり、集中力、判断能力が低下します。

生理が始まると、昨日までのイライラはなんだったんだろう?というぐらいころっと気持ちが変わります。

 

ステップ1

まずは知ることが大切です。自分がいつPMSになるのかを知りましょう。

1 基礎体温をつける

2 生理日記をつける(落ち込んだ日や、喧嘩した日、頭痛がした日など一言でもOK!)

アプリなどで簡単に管理できますので面倒くさがらずに記録するのがおすすめです!

 

自分がいつPMSになり、どんな症状が起きるのか把握しておくと、喧嘩を避けられたり、重大な決断はしないなど、コントロールが出来るようになります。

 

ステップ2

PMSの時期の過ごし方を変えましょう。以下のように過ごすのがおススメです。

 

・自分を許してあげる

頑張れなくても、悲しくなっても、イライラしてもあなたのせいではありません。

 

・無理をしない、頑張りすぎない

家事をしなくなければしない!などど、自分でルールを決めてみましょう。

数日後には元気なサイクルが訪れるので、またその時に頑張ればいいのです!

今だけ!だという事を知っておきましょう!

 

・大きな決断はしない

大きな買い物や、転職や、お別れなど大きな決断は先延ばしにしましょう!

判断能力が鈍っているこの時に大きな決断をしてしまうと

後に後悔してしまう・・・なんていう事もあります。

 

・軽い運動

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動がおすすめ!リフレッシュしましょう!

 

・食事に気をつける

カルシウムや、ビタミンCの多い食事を取り、PMSを悪化させてしまう可能性のある糖分や、塩分、カフェインの摂り過ぎに注意しましょう。お豆腐や、きのこ、緑黄色野菜などがおすすめ!

 

・好きなことをする

人と関わることが億劫になることもあるので、一人で好きな事をするのがおすすめです。例えば、映画鑑賞など。

 

・アロマバスでリラックス

入浴で身体をあたため、アロマでリラックスしましょう。ホルモンバランを整える働きがある、ゼラニウムや、リラックス効果のあるレモンバームなどがおすすめ! 必ず精油を使用しましょう!

 

 

・ハーブティーで体質改善

カモミールティーやシャタバリ、ラズベリーリーフなど、PMSに効果的だと言われるハーブティーはたくさんあります。

PMSの時期だけでなく、身体のリズムに合わせて毎日飲む事で症状の軽減が期待出来ます。

相乗効果が期待出来るため、シングルよりもブレンドハーブティーがおすすめです。

いかがでしたか?

これもPMSだったんだ!と意外と知らない事もあったのではないでしょうか?

自分の身体と心の事をきちんと理解して、上手に付き合って行きましょう!

 

 

✽症状がひどい場合や、心配な場合は病院の受診をおすすめ致します。

 

 

自分の体調や生理周期に合わせて、ハーブティーをブレンドして飲むと、PMSの改善に繋がります。PMSにお悩みの方は、ハーブティーブレンダー&カウンセラーの桝井愛祐子まで。

自分の身体の事を知って、心も身体も軽くなりましょう♪

 

 

JAMHA 日本メディカルハーブ協会認定教室の原田くみです。

これから特に気になる「冷え」。

万病のもとと言われている「冷え」をテーマとして、日常に取り入れるといいメディカルハーブをご紹介致します。

 

 

一昔前から下がった平均体温

特に女性に多い「冷え性」。

実に7割の女性が自覚しているそうです。

ただ、この「冷え」を軽くみていると様々な病気を引き起こす可能性があります。

免疫が正常に働かなくなり、風邪などの病気にかかりやすくなるのはもちろん、癌につながることもあります。

 

50年ほど前の日本人の平均体温は37度前後でした。

現在は平均して0.7度ほど下がっています。

これもがん患者が増え続けている原因の一つではないでしょうか。

 

この体温低下の原因は、筋力の低下、食べ物の変化、環境の変化など様々な要因があります。

軽い運動を取り入れてみる、季節のものを頂く、などできることから初めてみましょう。

 

 

規則正しい生活プラスα!生活にハーブを取り入れてみませんか?

 

運動や規則正しい食事をするのは大前提ですが、プラスαとしてハーブを取り入れてみるのもオススメです。

メディカルハーブにはそれぞれ数千という植物化学成分が含まれていて、それらを症状別、季節別などにチョイスしてブレンドしていくことで心と身体をケアしていくことができます。

古代ギリシャの時代から受け継がれた自然療法のうちの一つです。

 

今回は、「冷え」にオススメのハーブを4種ご紹介します。

 

エルダーフラワー

身体を温めてくれるフラボノイドやフェノール酸を多く含み、発汗作用があります。

また、利用作用があるのでデトックス効果も。

 

リンデン

フラボノイドを含み、発汗、利尿作用があります。

ヨーロッパの植物療法でも風邪やインフルエンザに用いられてきました。

 

ジンジャー

ジンジャロールという成分が乾燥することによりショウガオールという成分にかわります。このショウガオールには発汗、代謝促進作用があります。

身体を温める目的で摂取するする際は加熱や乾燥させてから取り入れるのがおすすめ。  (妊娠中の方はお控えください)

 

ローズマリー

血液循環促進をしてくれるハーブとして有名です。ハーブティーとして飲んでもよし、精油でオイルトリートメントで用いられることも多いです。

 

 

オススメの飲み方など

■エルダーフラワー+リンデン+ジンジャー

それぞれをティースプーン軽く1杯ずつをポットへ。熱湯を注いで3分待って茶葉を漉してお飲みください。

さらにレモンの輪切りを1つプラスするととても美味しくなります。

お好みではちみつをプラスしてもよいでしょう。

 

■エルダーフラワーのコーディアル

コーディアルとは、ハーブシロップのこと。

イギリスでは伝統のある飲み物で、花粉症や風邪予防として一般家庭に根付いている飲み物です。

香りもよく、甘くてとても美味しいのでこちらも日常に取り入れやすいのが特徴です。

ネット通販などでも市販されているので是非、トライしてみてください。

お湯割りや炭酸割りなどでお楽しみくださいね。

 

 

冷えに負けない身体作りを心がけることが大切

「冷え性」を自覚されている方は、この機会に是非、日常生活(運動、食事、休養)の見直しをなさってみてはいかがでしょうか。

そして是非、日常にメディカルハーブもプラスしてみてください。

他にも様々なハーブがありますので自分の好みのオリジナルブレンドを見つけてみてくださいね!

何事も「継続は力なり」と言いますが、自分にとって美味しいものであれば、続けやすくもなりますね。