乾燥は大敵!冬の肌トラブルの種類と対策・改善方法

乾燥は大敵!冬の肌トラブルの種類と対策・改善方法

冬は空気が乾燥し、肌トラブルが起きやすい季節。本来、肌は角質の水分と皮脂でバランスよく潤いが保たれているものの、冬は空気の乾燥で皮膚の水分が奪われやすい状態となっています。その結果、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌を招いてしまうのです。


乾燥肌になると、他にも様々な肌トラブルが起きてしまいます。今回は、冬の肌トラブルの種類や改善方法についてご紹介しましょう。

冬の肌トラブルの種類

冬の肌トラブルは色々なものがあります。具体的にどのようなトラブルが起きやすいのか、種類と原因を見ていきましょう。

乾燥性皮膚炎

肌が白く粉をふいている、ガサガサする、ひび割れでかゆみや痛みなどの症状があれば、乾燥性皮膚炎が考えられます。肌が敏感な状態なので、使い慣れた化粧品でも刺激を受けやすいです。


乾燥性皮膚炎は、肌のバリア機能が下がって角質層が剥がれてしまったことで起きる炎症です。空気の乾燥だけではなく、熱いお湯での洗顔や洗い過ぎも原因となってしまいます。

乾燥小じわ

目元や口元などの細かいシワが出ることです。肌の乾燥に寄り角質層が固くなってしまうため、シワがくっきり出やすくなります。小じわを放置すると、乾燥肌がより進行した時に深いシワへと変わってしまうので早めのケアが必要です。

ニキビ

乾燥で肌のバリア機能が低下すると、ターンオーバーが遅延します。それにより古い角質が毛穴の周辺にも積み重なり、次第に毛穴の中に入り込んで角栓を作ります。毛穴が塞がれた影響で炎症が起き、ニキビが起きてしまうのです。冬の場合、頬や口周りなど皮膚が薄く乾燥しやすい部分にできやすいのも特徴の1つです。

クマやくすみ

冬は四季の中でも気温が低いので体が冷えやすく、血行不良を起こしやすいです。血液の流れが悪いと酸素や栄養が全身に運ばれにくくなり、顔がくすんで見えたり、クマが目立ったりします。また、寒いからと動かず、運動不足になりやすいのも血行不良を起こす原因となります。

冬の肌トラブルの対策・改善方法

冬の肌トラブルは乾燥対策を知れば怖くはありません。では、乾燥を予防し、美肌をキープする方法をご紹介します。

丁寧なクレンジングや洗顔をする

洗顔料やクレンジング剤は敏感肌用や保湿タイプを使いましょう。長く洗っていると洗い過ぎになるので、クレンジングと洗顔はどちらも1分程が目安です。


洗う時はゴシゴシと手で擦らないように注意してください。すすぐ時も熱湯ではなく、37~38度ぐらいのぬるま湯にしましょう。

敏感肌用の基礎化粧品でしっかり保湿をする

冬の間は保湿力の高い基礎化粧品を使い、洗顔後はきちんと保湿してください。肌荒れが起きていると使い慣れた化粧品でも刺激になるので、敏感肌用がおすすめ!化粧水は温かい方が浸透率は高まるので、手で温めてから塗ると良いです。


乾燥小じわが目立つ時は、部分的に塗れる専用の保湿クリームの併用がおすすめです。薬指にクリームを使い、肌を擦らないように気を付けて馴染ませてください。


普段のスキンケアに、フェイスパックや美容液といったスペシャルケアを取り入れるのも良いですよ。

ホットタオルで顔を温める

クマやくすみが目立つ時はホットタオルで顔を温めてみてください。人肌ほどの温度のタオルを洗顔前に30秒~1分程乗せれば、顔の血行を良くできます。


朝に行えばメイクノリのアップにも効果的です。夜ならメイクを落とす前にやれば、毛穴が開くので汚れを浮かせ、綺麗に落とせますよ。

週1~2回のピーリングでターンオーバーを整える

ピーリングをすると古い角質をはがせるので、ターンオーバーを整えてニキビやくすみの予防・改善につながります。ただし、ピーリングは肌に負担をかけやすいので、毎日ではなく週1~2回を目安にしてください。また、肌が敏感になっている時は肌を傷付けないために控えましょう。

肌の悩みは美容家.comに相談

乾燥に備えてケアを徹底すれば冬の肌トラブルを軽減できます。ただ、肌の悩みは人それぞれ異なり、原因も色々あります。


なかなか改善されない肌トラブルがある時は、美容家.comに質問してみてください。美容の専門家が肌の悩みに合わせて、最適なアドバイスをくれるサービスとなっています。もっと綺麗になりたい人は活用してみてください。

nana
美容家.com編集部
美容家.com編集部