手のケアと言えば、みなさん当たり前にハンドクリームをお使いだと思います。

特に寒い季節になると、ハンドクリームが手放せないですよね。

手が乾燥すると、肌のターンオーバーが遅くなり、くすみ、シワ、しみができやすくなります。
そういった手の老化の症状を防ぐためにも、ハンドクリームは必需品です。

しかしハンドクリームはその成分によっては、手がくすみやすくなるって知っていましたか? 

あなたが使っているハンドクリーム、大丈夫ですか!?

 

ハンドクリームはものによっては、 『油焼け』をし、手のくすみを引き起こします

 

 

油焼けとは?

油焼けとは、肌についた油分が、紫外線を受けて酸化してしまい、それによって肌がくすんだり、色素沈着を起こす現象のことを言います。

 

 

ハンドクリームで油焼けをするワケ

ハンドクリームに含まれている成分で、油やけしやすいものが含まれている場合があります。

ただし、これらの成分が含まれていても、対策をすれば問題ないので、あまり過敏になりすぎないようにしましょう。

 

油焼けしやすい成分

1.ワセリン

ワセリンは、高い保湿力があり、価格もお手頃のため、多くのハンドクリームに使われています。

しかし、

ワセリンは強い紫外線を受け続けると、油焼けをしてしまう事があります。

 

 

2.油焼けしやすいオイル

ワセリン以外にも、油焼けしやすいオイルが、ハンドクリームには使われている事があります。

不純物が入っていて、あまり精度の高くないオイルが使われていると、油焼けがしやすいと言われています。値段が安いというだけで、ハンドクリームを選ぶと、このようなオイルが使用されている可能性もあります。

 

参考までに、酸化して油やけしやすいオイルと、しにくいオイルをご紹介します。

 

酸化しやすいオイル

 

酸化しづらいオイル

 

ハンドクリームやボディクリームで、よく馬油が使われているものがあります。
実は、馬油は酸化しやすいオイルだったのです。

 

ここまでお話すると、これらの成分が入っているハンドクリームをすぐにゴミ箱に捨ててしまう人もいるかもしれません。

油やけしやすいワセリンや、酸化しやすいオイルが使われているからといって、必ず油焼けが起こるわけではありません。

ちゃんと対策をすることで、これらの成分の保湿力は維持しながら、油やけを防いで、手肌のシミやくすみを予防することはできます。

 

次回は、ハンドクリームの油やけを防ぐ方法をお伝えします。

お楽しみに。