春先から強くなる紫外線。日焼け止めを塗るのはもちろんですが、

「ベタベタしたくない」

「塗るのが面倒」

という人には、UVブロック効果のある衣類を上手に使うのがおススメです。

 

UVブロック効果のある衣類で使いやすいのが、カーディガンと手袋です。

「カーディガンや手袋は、生地が結構薄いし、本当に紫外線をブロックしてくれているのかな?」と不安になることはないですか?

 

実は、素材や色で紫外線ブロック効果が異なります。

効果的な物を選んで、今年の春夏の強い紫外線を乗り切りましょう!

 

 

ブロックすべき紫外線について

普段気を付けなければいけない紫外線には2種類あります。

洋服を着ている部分は日焼けをしないと思っている人が多いです。しかし、長袖などを着て気をつけていても、A波は防げますがB波は洋服を通るので、日焼けをしてしまうのです。

 

 

A波で日焼けをすると、赤くなり、シワやたるみの原因になります。
実は、本当に怖いのが、B波の方です。B波は、知らないうちに服を通り抜け、シミになってしまうのです。

 

 

そして、このB波は、UVカット効果のあるカーディガンや手袋を使うことで、防ぐことができます。

 

UVカット素材について

UVカットしてある衣服には、次の2種類があります。それぞれの特徴があるので、ご自身の体質に合わせてお選びください。

 

1.繊維に練りこむタイプ(ポリエステル)

紫外線を吸収・反射するような物質を繊維に練り込んである素材。主に、ポリエステル素材に多いです。

カーディガンの繊維にチタンやカーボンなどの、紫外線散乱剤のチタンなどを練り込む加工方法は、ポリエステルやレーヨンなどにはできるのですが、綿などの天然素材にはできません。

 

また、乱反射する効果があるので、服の内部の温度が上がるのを防ぐ「鏡の役割」をしてインナーが透けにくいなどの特徴もあります。

こちらの素材の方が、お値段的にお手頃で手に入ります。ファストファッションのお店でも売られているので、簡単に手に入るのがメリットですが、化学繊維のため、着ていると肘の辺りがたまに痒くなる事があります。

夏に汗をかいても吸収されないので、汗疹やかゆみが苦手な方は、次の綿素材っで吹きかけるタイプのものがよいでしょう。

 

2.付着させるタイプ(綿)

製品に紫外線を吸収するような物質をを吹き付けてある素材。

一般的に綿などの天然素材には、できあがったカーディガンに紫外線吸収剤を付着させることでUVカット加工をします。

普段着るものの素材を気にされる方は、このタイプのカーディガンや手袋などを利用されるとよいでしょう。綿素材がお好きな方は、厚手の生地であれば、紫外線を通しづらいです。もし素材を、光にかざして光が漏れていたら、UVカット効果も弱くなります。

紫外線ブロック効果の高さを求めるのであれば、UVカット加工されたポリエステルのものを選ぶといいでしょう。

 

UV加工をしているものは、紫外線カット率は、一般的に90%以上となっているものが多いです。

 

どの色の素材にするかも重要

色によって、UVカット効果が異なります。

黒や紺などの濃い色は、UVカット効果が高いです。

いちばん気をつけたい紫外線はB波ですが、「UVカット」加工をしていない状態で、色別のUV透過率は、

 

白やベージュ系でもUVカット加工されている製品であれば、もちろん紫外線防止効果はあります。黒は紫外線防止効果が高いので、UVカット加工されていない物でも、ある程度は防止してくれます。

「UVカット」加工されていて、さらに黒の素材であればかなりの紫外線防止効果が期待できます。

ただ黒の素材の問題点は、紫外線は防止するのですが、熱をためやすい色なので、暑いという事と、見た目が暑苦しい所でしょうか。紫外線ブロックを取るか、涼しさを取るか…?

 

蒸れない素材はUVカット効果が落ちる

夏に、長袖のカーディガンや手袋をすると、暑いし、蒸れやすいです。しかし、「冷感素材」「Cool素材」などの加工のしてある素材は、通気性がよいですが、紫外線も通しやすいです。
そこで、できるだけ密度が高い織り方のもので、蒸れにくい物を選ぶおススメです。

 

このようにUV加工したものは色んな種類がありますが、この「UVカット加工」がどのくらいもつのでしょうか?

 

洗濯するとUVブロック効果は落ちる?

UVカットカーディガンや手袋は洗濯をすることでその効果が少しずつ落ちていきます。

交換の目安は1年と言われています。

製品にあとから紫外線吸収剤を吸着させたものは、洗濯によって効果が失われやすいので、次の年には新しいものを買った方がいいでしょう。

繊維に紫外線をカットしてくれる粒子を練り込んでいるカーディガンの方が、効果が長持ちします。長く着たいのであれば、こちらのタイプを選ぶとよいです。

 

UVブロック効果を長持ちさせる工夫

効果を長持ちさせるための工夫として、こんな方法があります。

※生地やUV加工によっては使えない場合もありますので、よく確認してくださいご利用ください。

 

日焼け止めを併用する

紫外線を反射させる機能のある生地を使っているカーディガンの場合、顔などに紫外線が反射する可能性があります。

カーディガンの下の素肌や顔を守るためにも、日焼け止めは併用した方が良いです。

 

カーディガンや手袋をつけることで、日焼け止めを塗りなおす回数は減ります。日焼け止めはお肌にも負担がかかるので、お肌をできる限り守るためにも、UVカット加

そろそろ紫外線対策が気になる時期です。

手の甲は日焼け止めをついつ塗り忘れがちです。そして、手の甲にいつの間にか『シミ』ができている!!なんてことも。

手の乾燥も気になるから、ハンドクリームも塗らなきゃ!!日焼け止めでシミ予防と、手の保湿の両方が欲しい時…

あなたなら、日焼け止めとハンドクリームのどちらを先に塗りますか?

実は、どちらを先に塗るかで、両方のクリームの効果が半減したり、逆に手肌が荒れる事があるのです。これからの時期の必須アイテム!「日焼け止めクリーム」と「ハンドクリーム」の使い方をご紹介します。

 

日焼け止めとハンドクリームの順番

ハンドクリームを塗ってから、日焼け止めを塗るのが効果的です。

日焼け止めクリームを塗ると乾燥するので、その後に保湿でハンドクリームを塗る。という方が多いですが、実は逆です。

 

手の場合は、ハンドクリームを塗り、そのあとで日焼け止めクリームを塗るという順番が正解です。

日焼け止めクリームの成分は肌に刺激が少し強いので、先に塗ってしまうと紫外線からお肌を守る一方、お肌に負担をかけてしまいます。

 

そこで、ハンドクリームをを先にしっかりと塗って下地代わりにすることで、日焼け止めクリームの刺激から手肌を守ってくれます。
また、日焼け止め特有の乾燥を防ぐという効果もあります。

日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤が配合されていると肌への負担が特に大きくなります。なるべく紫外線吸収剤が配合されてないものを選び、こまめに塗るようにしましょう。

 

ハンドクリームと日焼け止めクリームを混ぜるのはOK?

日焼け止めとハンドクリームは、ハンドクリームを先に塗ったほうがメリットが多いという事がわかりましたね。

しかし、どうせどちらも手に塗るのなら、日焼け止めもハンドクリームもどちらも混ぜてしまってから手になじませるというのはどうなのでしょうか?

日焼け止めクリームとハンドクリームは混ぜないで使うのがおすすめです。日焼け止めをハンドクリームと混ぜた場合、混ぜる種類にもよりますが成分が分解してしまう恐れがあります。

 

成分が分解されると、日焼け止めの効果が実際の効果よりも低下してしまうのです。ただ、あくまで効果が落ちるというだけで、まったく日焼け止め効果がなくなってしまうというわけではありません。

どうしても混ぜて使いたいという場合には、日焼け止めとハンドクリームを混ぜて使うよりも、日焼け止め効果が期待できるハンドクリームを使いましょう。

また、使用期間が過ぎた日焼け止めも同じように成分が分解してしいる恐れがあります。

ハンドクリームにかかわらず、日焼け止めを使うときには他の化粧品などと混ぜて使わない方がよいです。日焼け止めは、見た目はただの乳液やジェルなどですが、この中にはたくさんの成分が合わさって作られているからです。

 

日焼け止めクリームの乾燥が嫌!

「トイレで手を洗う度にに日焼け止めを塗っていられないから、ウォータープルーフでSPFが高い日焼け止めを塗る」という方もいます。

紫外線ブロック効果の高いクリームは、どうしても肌への負担が大きくなり、乾燥してしまいます。

「日焼け止めクリームの乾燥が苦手で、使いたくない」という方には、ハンドクリームを塗った後に、紫外線ブロック効果のあるパウダーをつけるのがおススメですフェイスパウダーやボディーパウダーの中には、紫外線をブロックする成分を配合したものがあります。

パウダーに保湿成分も含まれていると尚よいです。 

これは、ハンドクリームで手がベタベタするのが苦手な方にもおススメです。
 

どうしても日焼け止めの乾燥が気になる方は、日焼け止めクリームを使う代わりに紫外線用の手袋をするのも一つの方法です。手袋は夏の時期は暑かったりしますが、保湿対策にもなるので便利です。

 

日焼けたら保湿を忘れずに!

日焼け止めを塗り忘れて1日外にいたり、プールの際など、気づけば肌が真っ赤に日焼けをしている!!なんてこともあると思います。

そんな時は、美白クリームを塗るよりもまずは保湿をして、肌の火照りを沈めましょう。

化粧水をタップリつけたコットンを手の甲に乗せて、最後にハンドクリームなどで仕上げます。

 

日焼け止め対策は、【紫外線対策】+【保湿】が重要です。日焼け止めクリームは塗り過ぎてしまうとお肌が乾燥したりするので、ハンドクリームを先に塗るだけでなく、普段からお風呂上りの保湿もしっかりするように心がけましょう。

 

日頃から手の甲に日焼け止めを塗って紫外線対策を行いましょう。ハンドクリームを塗ってから、日焼け止めクリームを塗りましょう。または、ハンドクリーム感覚で使える保湿力の高い日焼け止めがおすすめです。顔や身体よりも日焼け止めが落ちやすいので、手洗いするたび、もしくは、2〜3時間おきに塗り直すと効果的です。

みなさんは日焼け止めの塗り忘れや、塗り直しをしなかったことで、うっかり日焼けをしてしまった経験はありませんか?

予防医学指導士の井村政子です。

私はよく日焼け止めを忘れるので、夏の終わりには小麦色の肌です。

そんな私ですがシミはほとんどありません。

 

以前、隠れシミが分かる機械で顔の写真を撮ったことがあります。9月頃にはシミの赤ちゃんがたくさん映っていますが、11月頃になると、そのシミの赤ちゃんは消えていました。

シミの赤ちゃんがそのまま成長すれば目に見えるシミになりますが、シミの赤ちゃんが消えると、目に見えるシミは出来ないのです。

 

なぜシミが出来ないのか?

 

もちろん、体質もあると思います。色白の方は若くてもそばかすやシミができやすいですよね。

ただ、体質を差し引いても、私のシミが少ないのは食事のおかげだと思っています。

 

今日は私が普段意識して摂っている、シミに効果がある食べ物をご紹介したいと思います。

 

シミに効果的な栄養素は?

お肌に良い栄養素というと、何を思い浮かべますか?

ビタミンC、コラーゲン、コエンザイムQ10、たんぱく質などでしょうか?

 

知識があればあるほど食べなくてはいけない物が多くなってしまったり、逆に、何を食べていいのかわからなくなったりしてしまう場合もあります。

それに、栄養の事だけを考えて食事を毎回するのは大変ですよね。

 

色々な食材を取る事は大切ですが、続けられなくては意味がないし、ストレスになってしまえば、せっかく良い物を食べていても栄養素の吸収率は悪くなります。

 

シミに効果がある栄養素をご紹介しますが、実はお肌だけでなく細胞全てを健康に若々しくしてれます。

 

 

シミや細胞によい栄養素は、ビタミンA・C・Eです。

「ビタミンエース」と覚えてくださいね。

これらを一緒に取る事によって、それぞれがサポートし合い、相乗効果でより高い効果が得られます。

 

 

肌によい食材

ビタミンAを多く含む食材

レバー・ウナギ・モロヘイヤ・かぼちゃ・人参・明日葉

 

ビタミンCを多く含む食材

菜の花・赤ピーマン・ブロッコリー・柿・イチゴ・キウイ

 

ビタミンEを多く含む食材

サーモン・ウナギ・ひまわり油・かぼちゃ・アーモンド・マグロ油漬け缶

 

サプリメントで取れば簡単!!と思った方は要注意です。ビタミンA.Eは脂溶性ビタミンのため、カラダに蓄積していきます。過剰に摂取しすぎると、重大な副作用をもたらしてしまいます。

 

サプリメントの副作用

1.ビタミンAの過剰

頭痛、皮膚の乾燥、筋肉痛、食欲不振、関節痛、皮膚色素沈着、胎児奇形、仮性脳腫瘍、吐き気、嘔吐など

 

2.ビタミンEの過剰

皮膚のかゆみ、ほてり、むくみ、胃の不快感、頭痛、疲労感など(最近の研究では、「骨粗しょう症」を引き起こす可能性があることがわかった。)

 

日本のサプリメントは明確な基準がなく、中にはかなり粗悪な物も出回っています。高価な物が良いというわけでもありません。もちろん優れたサプリもありますが、それを判断するのは難しいです。

ですから、基本は日々の食事から栄養素を摂るようにしましょう。

 

3.ビタミンCはサプリメントでもOK

唯一サプリでとっても安心なのは、ビタミンCです。

水溶性ビタミンのためすぐに排泄されてしまうので、こまめに摂ろうと思うとサプリメントから摂ることも良いと思います。ビタミン大量療法もありますし、サプリメントで大量にとってしまっても、副作用などもないので安心です。

 

おススメの栄養の摂り方

私の場合ですが、

ビタミンAは人参ジュース、ビタミンCは果物、ビタミンEはアーモンドでほぼ毎日摂っています。

サプリメントでビタミンAを摂る代わりに、人参ジュースで摂取します。

 

私にとって食材はサプリメントと同じです。しかも、副作用がなく、その他の栄養素も摂れる優れモノです。

サプリのように大量には摂れませんが、今回ご紹介した人参ジュースやアーモンドは、私達が一日に必要な量の多くを摂取することができます。もちろん、他の食材でもこれらの栄養素は摂れます。

自分が好きで摂取しやすい食材を知っておくと、日々の食生活の管理が楽になります。

人参はビタミンAだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富です。アーモンドは良質の脂質も含まれているため、細胞を作る際の必要な脂質の摂取も期待ができます。

 

 

その他の効果

ビタミンエースは抗酸化作用の高い栄養素です。皮膚に良いだけでなく、活性酸素を抑制してくれます。

細胞の劣化を抑えてくれることにより、糖尿病や動脈硬化など生活習慣病の予防にも繋がります。

 

活性酸素はストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線などで増えていきますが、年齢を重ねることでも活性酸素は増えていくと言われています。

活性酸素が増えない努力も必要ですが、人間が生きていく上で、活性酸素をゼロにすることは出来ません。

 

 

いつまでも健康で若々しい肌のために、日々の食事でビタミンACEを積極的に摂り、活性酸素に負けない体づくりをしていきたいですね。