テレワークにおける健康管理の方法って?体だけでなく心の健康にも注意!

テレワークにおける健康管理の方法って?体だけでなく心の健康にも注意!

2020年、新型コロナウイルスが世界的に流行したことにより、新しい生活様式が取り入れられるようになりました。多くの企業がテレワークを取り入れ、働き方も変化しましたが、一方で健康被害も問題視されています。

そこで今回は、テレワークにおける健康管理の方法と注意点をご紹介していきましょう。

テレワークは健康に被害を及ぼす

2020年、コロナ禍によりテレワークをする方が急増しました。そのうちの約3割は、心や体の不調を感じていると言われています。中でも、目の疲れ・肩こり・腰痛・ストレスは不調を感じている症状の上位にランクインしており、多くの方が悩んでいます。

そのままテレワークによる健康被害を放ってしまうのは心身ともによくありません。仕事のパフォーマンス性を下げないためにも、しっかりと健康管理をすることが重要です。

作業環境を整えることも大切

自宅での勤務は、出勤する手間がなく楽に感じるかもしれません。しかし、今までと違った環境での仕事にストレスを感じる人も多いでしょう。

職場には、作業をするのに相応しいパソコン・デスク・イスなどが用意されていますが、自宅の場合は作業環境が整っていないことも考えられます。仕事をするスペースがない家庭では、リビングのちょっとしたスペースで作業をする話もよく聞きます。

仕事をするのに適した環境で作業ができないと、ストレスに感じるだけでなく、腰痛や肩こりの原因となってしまうでしょう。まずは作業をするのに相応しい作業環境を整えることが大切です。

運動をする習慣を身に付けよう

テレワークでは、会社に出勤する必要がありません。自宅から一歩もでなくても仕事ができるので、運動不足になる人が非常に多いです。

これまで徒歩や自転車などで健康的に通勤していた人も、家できちんと運動をしないと運動不足に陥ってしまいます。また、デスクワークは長時間同じ姿勢でいるため、体に負担がかかりがちです。

それを解消するためには、短時間でも良いので体を動かしましょう!休憩時間や仕事の前後などに軽い運動やマッサージをするだけでも、健康被害を抑えることができます。

30分に1回は姿勢を変えたり、窓から遠くの景色を見たり、軽い休憩をすることで、肩こり・頭痛・腰痛を軽減できるでしょう。

テレワークに甘えず生活リズムを整えよう

テレワークでは、通勤をする必要がないため、夜更かしをしたり朝ギリギリまで2度寝をしたりする人も多いでしょう。しかし、生活リズムが崩れると睡眠の質が下がり、不眠になってしまうこともあります。

睡眠の質を下げないためにも、テレワークに甘えず、生活リズムを整えることが大切です。

心の健康にも注意が必要

会社で仕事をするのであれば、仕事の休憩時間やランチタイムに他の人とコミュニケーションをとることでリフレッシュができますよね。しかし、テレワークとなると1人で黙々と作業をしなければいけません。

普段から1人で黙々と作業をしている人であれば、心の負担になりにくいですが、他の人とコミニケションをとりながら仕事を楽しむタイプの人は特に鬱や不眠に注意が必要です。1人で作業をしていると閉塞感が強くなるため、普段よりもストレスを感じやすいです。

そのため、気軽に雑談ができる環境をオンラインで整えるのも手でしょう。オンラインランチやオンライン飲み会を同僚や友達とすることで孤独感を紛らわせますよ。また、美容家.COMには各分野の専門家が在籍しています。

もし、テレワークでの健康管理に悩んでいるのであれば、美容家.COMで専門家に相談してみてはいかがでしょうか?テレワークにぴったりの健康管理の方法をプロならではの目線で回答してくれますよ。

nana
美容家.com編集部
美容家.com編集部