マスクで肌荒れが増えている!原因を知って対策を立てよう

マスクで肌荒れが増えている!原因を知って対策を立てよう

新型コロナ流行後、街中では常にマスクを着けている人が多く見られるようになりました。今やマスクをしていないとマナー違反だと言われることもあり、マスクは日常生活で欠かせない存在と言えます。

しかし、マスクを常に着けていることで肌が荒れてしまったという声も多いです。そこで今回は、なぜマスクを日常的に着けていることが肌荒れになるのか、その原因と対策方法をご紹介していきましょう。

マスクで肌荒れしやすいのはなぜ?

マスクで肌荒れをしてしまう原因としては、マスクによる顔の蒸れや乾燥、マスクの着脱による摩擦が挙げられます。マスクをしていると自分の吐いた息がそのまま顔に付着します。

それと同様に、会話した際に出る唾液や咳きこんでしまった際、くしゃみをした際の唾液や雑菌がマスク内にそのまま留まることで菌が繁殖し、肌荒れの原因にもなり得ます。また、マスク内は蒸れているから乾燥しないだろうと思われがちですが、実はマスクを外した直後には肌についている水分が蒸発してしまい、逆に乾燥してしまうのです。

マスクの着脱時にも必ず肌が擦れてしまい、肌に直接ダメージを与えてしまいます。その摩擦によるダメージが、肌荒れにつながります。

肌荒れを防止するためにはどうしたら良い?

・マスクの着用時間を減らす

まず、感染予防でマスクを着用しなければならない時以外はマスクを外すようにしましょう。少しでもマスクによる肌への負担を軽減することが大切です。

外ではマスクを外せないのであれば、家にいる時は外したり、こまめにマスク内でかいた汗を拭いたりしてください。

・丁寧に洗顔する

マスク内には雑菌が繁殖しやすい環境となっているので、家に帰ったら丁寧な洗顔を行いましょう。洗顔時、肌の雑菌を落としたいからと強くこすってしまわないように意識してください。

あまり強く洗いすぎてしまうとさらに肌へのダメージが蓄積してしまうことになり、肌荒れにつながってしまいます。洗顔する際には、「優しく丁寧に」を心がけてください。

・スキンケアで肌荒れを予防する

肌荒れを防ぐためには肌本来の持つバリア機能を保てるよう、スキンケアをしっかりと行うようにしましょう。基本的なスキンケアはなるべく怠らないようにしてください。化粧水で肌の水分を補充し、乳液やクリームを使って水分を肌の中に閉じ込めるだけでも十分です。

また、最近肌荒れしやすいなと感じた際には、フェイスパウダーを普段のメイクにプラスしてみても効果的です。フェイスパウダーを付けることで、肌への摩擦を軽減させることができ、さらにマスクと肌の接触も減るためマスクでの肌荒れもしにくくなるでしょう。

肌荒れ防止にはマスク選びも大切だった!

新型コロナの影響で、一時的にマスクがなくなる事態にも陥りました。しかし、現在はマスクを選んで買えるようにもなったので、肌荒れ防止のためにマスク選びにもこだわってみましょう。

最近では不織布マスク以外にも、肌への負担が少ない綿ガーゼマスクやシルク素材のマスクなども販売されています。肌荒れを予防するために、肌への負担が少ないマスクを選んでみてくださいね。

肌荒れの悩みを美容家.COMで解決しよう

マスクを着けていないといけない状況は、今後も続くでしょう。マスクでの肌荒れは、原因を知ることで予防や対策を取ることができます。効果的な予防・対策方法は個人差があるので、どう対策したらいいのか分からない人もいるでしょう。

そんな時は、美容家.COMのQ&Aを活用してみてください。美容家.COMのQ&Aでは、各種専門家が質問を読み回答してくれています。

肌荒れと言っても人によって症状や部位は異なるので、悩んだ際には美容家.COMで手軽に専門家に相談してみることをおすすめします。

nana
美容家.com編集部
美容家.com編集部