iHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」の使い方を解説

iHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」の使い方を解説

レチノール配合の化粧品は、小じわや毛穴などの改善や予防に効果が期待できるとされているため、使用してみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
美容好きの中で注目されているのが、人気通販サイトiHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」です。
 
この記事では、その成分と効果、使い方、注意点を解説します。実際に使用した人のレビューも紹介するので、参考にしてください。

今話題の「レチノール」とは?化粧品にも多用されているビタミンAの一種です!

化粧品にも配合されているレチノールとは、ビタミンAの一種です。レチノールの働きにより、以下のような効果が期待できます。

  • ターンオーバーを促進し、肌のくすみを改善。
  • コラーゲンの生成を促進し、ハリと弾力のある肌に。
  • ヒアルロン酸の合成を促進し、肌の保湿力を高め、潤いのある肌に。

上記のようなレチノールの作用が、小じわ、毛穴、たるみ、ニキビ跡などの改善や予防につながるとされ、厚生労働省でもその効果が認められています。レチノールはスキンケアにぜひ取り入れたい、アンチエイジング成分と言えます。

iHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」をチェック!

iHerbは、オーガニックにこだわった食品やサプリメント、化粧品、日用品など幅広い商品を取り扱っている通販サイトです。現在世界150ヵ国以上で利用されています。
 
日本でも利用可能で、他のお店よりも安く購入できたり、国内で販売されていない商品を入手できたりするので、利用する人が増えています。
 
今回は、人気通販サイトiHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」について紹介します。
 

iHerbで購入できる「レチノールA1%クリーム」の商品情報

iHerbで購入できるレチノール配合の化粧品はたくさんあります。中でも人気なのが、Life-floの「レチノールA1% アドバンスド・リバイタリゼーションクリーム」です。

 
クリームにはレチノール1%が配合されており、肌に潤いを与え、乾燥による小じわ、色ムラを改善する効果が期待できます。効果があったスキンケアアイテムとして、SNSなどでも度々紹介されています。
 

<商品情報>

商品名:Life-flo レチノールA 1% アドバンスド・リバイタリゼーションクリーム
商品価格:2,232円(税込)
内容量:50ml

 

使い方を間違えると大変なことに!レチノールA1%クリームはスキンケアの順番も重要!

レチノールA1%クリームに配合されているレチノールは、アンチエイジングに効果的な成分ですが、使い方を間違えると副反応が起きる場合があります。こちらでは、レチノールA1%クリームを使用する時のスキンケアの順番とポイントを解説します。
 

レチノールA1%クリームを使用する時のスキンケアの順番

レチノールA1%クリームを使用する時は、以下の順番でスキンケアを行ないましょう。
 
①洗顔
②化粧水
③乳液
④レチノールA1%クリーム
⑤保湿クリーム
 
レチノールA1%クリームには油分が含まれているため、化粧水や乳液の後に使用しましょう。最初に使用すると、化粧水の水分が肌に入りにくくなります。また、先に化粧水や乳液を塗っておくことで、レチノールの刺激を和らげられます。
 

肌が慣れるまでは、毎日使用しない

レチノールの使用で、肌の乾燥や痒み、赤みなどの副反応が出る場合があるため、慣れるまでは一日おきなど間隔をあけて使用しましょう。副反応の原因は、肌のビタミンAが不足している肌に、レチノールを使用することにより、急にターンオーバーが促進されることだとされています。
 
iHerb公式サイトの商品ページには、使用の目安として、敏感肌の人は1週間に2回以上使用せずに、肌の状態を見ながら徐々に量や使用日数を増やすようにと記載されています。
 
また、副反応が起きている時は、肌のバリア機能が低下している状態です。洗顔はなるべく擦らないように丁寧に洗い、洗顔料をしっかり水で洗い流しましょう。顔に残った水分は、タオルでやさしく押さえるように拭き取ってください。
 
レチノールの使用による副反応の症状は大半の場合、肌が慣れると自然に治まります。しかし、痒みや赤みなどの症状が強かったり、長引いたりする場合は、使用を中止して医師に相談してください。
 

副反応が心配な場合は、レチノール濃度の低い化粧品から始める

レチノールA1%クリームは濃度が高いので、「副反応が心配」と考えている人もいるでしょう。その場合は、低い濃度のクリームから始めて、肌が慣れてきたらレチノールA1%クリームにシフトチェンジするのもおすすめです。
 

レチノールA1%クリームを使う際の注意点を解説!

レチノールを使う際は、いくつか注意点があります。知らないまま使用していると、効果がないどころか、かえって肌トラブルを引き起こすかもしれません。注意点をしっかりチェックして、正しく使うことがレチノールの効果を得るためのカギです。
 

使用中は、必ず紫外線対策をする

レチノールは紫外線の影響を受けやすい成分です。そのため、紫外線の強い日中は控え、夜のみ使用するようにと指示する医療機関も多くあります。レチノールを使用している期間は、必ず紫外線対策をすることが大切です。
 
紫外線対策では、日焼け止めを毎日塗るのが基本になります。時間が経過すると、汗や皮脂などで流れ落ちるため、2〜3時間おきに塗り直します。その他、外出時はつばの広い帽子や日傘を活用するのもおすすめです。
 
特に副反応が起きている時は肌のバリア機能が低下し、ダメージを受けやすいため、紫外線対策を徹底して行いましょう。
 

酸化しやすいため、早めに使い切る

レチノールのデメリットとして、酸化しやすい点が挙げられます。レチノールに限らず、酸化した成分の化粧品を肌に使用しても効果が期待できない可能性があります。また、肌への刺激につながり、負担がかかります。容器を開封したら、早めに使い切るようにしましょう。
 

iHerbでレチノールA1%クリームを購入した方のレビュー・口コミをご紹介!

最後にレチノールA1%クリームを実際に購入した方のレビューと口コミを紹介します。効果は個人差がありますが、効果や副反応など、実際に使用した感想をチェックした上で、購入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

良いレビュー・口コミ

「初日に小豆ほどの量を、顔に塗りました。初日と翌日はヒリヒリするというような、肌の変化はありませんでした。クリームもベタつかないので、使い心地は良い感じです。
 
3日目の朝、洗顔すると肌がすごく乾燥して、皮がむけ始めます。皮むけのところに化粧水をつけるとしみたので、しばらく使用を中止して、保湿を徹底して行いました。
 
皮むけは1週間程度続きましたが、その後、肌のハリと毛穴が引き締まって肌がツルツルになりましたよ。
 
「レチノールを塗った初日は肌に変化はなく、翌日も少し乾燥しているかなと感じる程度でした。4日後から肌が乾燥して、ヒリヒリするのと、ポロポロと皮がむけ始めました。

1週間経過すると、ヒリヒリする症状が落ち着いて、肌がツルツルになったと実感。シミも薄くなったような気がします。副反応が出るので、使い方に気を付けながら使用しないといけないと思いました。」

悪いレビュー・口コミ

「もともと乾燥肌なので、レチノールA1%クリームは刺激が強すぎるかなと思っていましたが、加齢によるシミとシワに悩み、試してみることにしました。

使用初日、しっかり保湿をしてからレチノールを塗ると、特に刺激を感じることはなかったです。しかし翌日、ヒリヒリして赤みが出てきたため、使用を中止して、しばらく様子を見ることにしました。

しかし使用を一旦中止したにも関わらず、赤みが強くなったため、これ以上は怖くなり、継続しないことにしました。

まとめ

レチノールA1%クリームは、高濃度レチノール配合で、iHerb公式サイトでも人気のアイテムです。その人気ぶりは、レビューの多さと、評価の高さからも伺うことができます。

iHerbでレチノールA1%クリームの購入を検討されている方は、この記事で紹介した使い方や注意点はもちろん、実際に購入した方のレビューや口コミも是非参考にしてみてください。